ニュース・コラム

PGAツアー

南ア出身のレフティ、ギャリック・ヒーゴ「優勝できて誇りに思う」

2021年6月14日(月)午後3:27

2020-21 パルメットチャンピオンシップ at コンガリー
この記事のキーワード
 南アフリカ出身のギャリック・ヒーゴが、米ツアーのパルメットチャンピオンシップ at コンガリー(米サウスカロライナ州/コンガリーゴルフクラブ)でツアー初優勝を挙げた。

 欧州ツアーでは2020年9月に初優勝を手にし、今年は2勝と通算3勝を挙げており、レフティということでも注目されている若手(22歳)の選手。優勝インタビューでは「最初から最後までタフだった。完璧なゴルフができなかった。それでもパッティングでしのぐことができた。優勝できて誇りに思う」と口にした。

 また、最終ラウンドの前に大先輩のゲーリー・プレーヤー氏から周りのことは気にせずに戦えとアドバイスをもらったことも明かした。ゴルフと並行して南アフリカでは人気のスポーツ、クリケットの競技者としても活躍していたヒーゴ。プレーヤー氏、アーニー・エルスやレフティならばフィル・ミケルソンのようなビッグプレーヤーになれるだろうか、注目したい。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020-21 パルメットチャンピオンシップ at コンガリー
6月10日(木)~6月13日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。