ニュース・コラム

アマチュア競技・イベント

中島啓太「あと4打はいけた」も首位で最終日へ 3打差2位に出利葉太一郎

2021年7月1日(木)午後4:23

第105回日本アマチュアゴルフ選手権競技
この記事のキーワード
 2021年度(第105回)の日本アマチュアゴルフ選手権競技は1日、茨城県の大利根カントリークラブ・西コース(7,121ヤード・パー72)で第3ラウンドが終了。トップタイから出た中島啓太が4バーディ、3ボギーの「71」で回り、通算10アンダー単独首位に立った。

 前日「63」をマークし首位タイに浮上した中島は「ビッグスコアの次の日は難しいと思うんですけど、天気が悪かったので、そっちに切り替えてプレーできた」。11番、13番で短いバーディパットを外してパー、12番でボギーとしてしまったことを反省し「あと4打はいけたかな」としたが、そういった中でも最後はしっかりとアンダーパーにまとめた。優勝がかかる最終日については「自分とコースとの戦いだと思う。マネージメントをしっかりしたい」とした。



 一方、同じく首位タイから出た出利葉太一郎は通算7アンダー単独2位に後退。それでも最終日に向けて「自分のやるべきことを、納得いくことができて、勝てたら本当にうれしい。できなくても悔いはない。やることをやるだけ」と気持ちを切り替えた。



 以下、通算4アンダー単独3位に鈴木晃祐がつけ、通算3アンダー4位タイに蝉川泰果、植木祥多、宮城慎太郎、古川創大、平田憲聖の5人が続いている。

 杉原大河は通算2アンダー9位タイ、河本結の弟・河本力は通算1アンダー14位タイで最終日へ。石川遼の弟・石川航、米澤蓮は通算3オーバー30位タイで3日目の競技を終えた。

(C)JGA

【関連】JGA主催アマチュアゴルフ選手権 GOLFNETWORKスペシャルページ

関連番組

第105回日本アマチュアゴルフ選手権競技

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。