ニュース・コラム

アマチュア競技・イベント

越田泰羽「楽しくできました」 人生3回目のプレーオフで日本ジュニア制覇

2021年8月20日(金)午後5:58

2021年度 第26回 日本ジュニアゴルフ選手権競技
 2021年度(第26回)日本ジュニアゴルフ選手権競技・女子15~17歳の部は20日、埼玉県の東京ゴルフ倶楽部(6,508ヤード・パー72)で最終ラウンドが行われ、越田泰羽(湘南学院高3年)がプレーオフで上久保実咲(奈良育英高1年)を下し、タイトルを手にした。

―今の気持ちは

 優勝したという実感が全くないです。

―感謝の気持ちは誰に伝えたいか

 両親とコーチです。高校生になってからメンタル的に上手く行かないことが多くなり、伸び悩んでいましたが、両親が(私のことを)考えてくれたので、そう伝えたいです。一番自分の気持ちを素直に言えます。今回の目標であった「気持ち良く振る」ことも母が言ってくれました。

―勝てた要因は

 ラフが長く、グリーンのアンジュレーションが凄く難しかったですが、ボギーを打つことがなく、厳しいパーパットも入ったりとパーを積み重ねられたことが大きかったです。

―プレーオフは楽しそうに見えた

 プレーオフは人生で3回目で、ずっと負けていたので「絶対に勝ちたい」と思いながら「楽しもう」と思っていました。

―上久保さんとは何か話したか

 上久保さんはプレーオフを経験してみたいと言っていました。

―勝負が決まったあとも笑顔だった

 やりきった感があり楽しくできました。

―今後の目標は

 来月に1次プロテストがあるので、そこを通過して、今年度のプロになれるように頑張ります。

―その先の大きな目標は

 日本で優勝を積み重ねて、海外に行って優勝したいです。

関連番組

2021年度 第26回 日本ジュニアゴルフ選手権競技

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。