ニュース・コラム

国内女子

西村優菜、5打差逆転で今季3勝目 渋野日向子は4位タイ

2021年9月19日(日)午後5:43

2021 住友生命Vitalityレディス 東海クラシック
 台風接近の影響で36ホール短縮競技となった国内女子ツアーの住友生命Vitalityレディス 東海クラシックは、19日に愛知県の新南愛知カントリークラブ美浜コース(6,502ヤード・パー72)で最終ラウンドが行われた。

 5打差15位タイから出た西村優菜が9バーディ、ノーボギーの「63」を叩き出し、通算10アンダーで優勝。昨年の樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント、今年5月のワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップに続く今季3勝目を挙げた。

 通算8アンダー2位タイに植竹希望、大里桃子。通算6アンダー4位タイにこの日「68」で回った渋野日向子、岡山絵里、全美貞(韓)、通算5アンダー7位タイに上田桃子、柏原明日架、仲宗根澄香、イ・ナリ(韓)、テレサ・ルー(台)、イ・ミニョン(韓)が入った。

 2週連続優勝を狙った賞金ランキング1位の稲見萌寧は通算4アンダー13位タイ、鈴木愛は通算2アンダー18位タイ、原英莉花は通算イーブンパー33位タイ、ディフェンディング・チャンピオンの古江彩佳は通算1オーバー41位タイで大会を終えた。

(写真:Getty Images)

関連番組

2021 住友生命Vitalityレディス 東海クラシック
9月17日(金)~9月19日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。