ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹、ショットやパットに良し悪しあるも「ノーボギーで上がれたのは良かった」

2021年10月15日(金)午前11:09

2021-22 ザ・CJカップ@サミット
この記事のキーワード
 米男子ツアーのザ・CJカップ@サミットは14日、米ネバダ州のサミットクラブ(7,431ヤード・パー72)で第1ラウンドが行われ、松山英樹は6バーディ、ノーボギーの6アンダー「66」を記録し、7位タイと好スタートを切った。

―今日のラウンドを振り返って

 良いショットも悪いショットも、良いパットも悪いパットもありながら、ノーボギーで上がれたのは良かったです。

―ショットの手応えについて

 先週よりはマシという感じです。

―先週と比べて今週のコースは立ちにくいなどはあるか

(立ちにくさは)ありますが、球も飛びやすく、無理にドライバーを持つ必要が無いので助かっています。

―パッティングの手応えは

 なかなか思うようには行かないですが、何ホールか良いパッティングが出来たところもあったので、明日も続けられるように頑張りたいと思います。

―明日に向けて意気込みを

 明日も良いスコアで回らないと、週末にまた下の方で回ることになるので、しっかり伸ばせるように頑張りたいと思います。
 

初日ホールバイホール

関連番組

2021-22 ザ・CJカップ@サミット
10月14日(木)~10月17日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。