ニュース・コラム

PGAツアー

ファウラー、約2年半ぶりVなるか? 2打差単独トップで最終日へ

2021年10月17日(日)午後0:25

2021-22 ザ・CJカップ@サミット
この記事のキーワード
 米男子ツアーのザ・CJカップ@サミット(16日/米ネバダ州/サミットクラブ)は第3ラウンドが行われ、リッキー・ファウラー(米)が9バーディ、ノーボギーの「63」をマーク。通算21アンダーまでスコアを伸ばし、約2年半ぶりとなる優勝へ単独トップで最終日を迎える。

 6打差6位タイから出たファウラーは、3番から4連続バーディを奪ってリーダーボードを駆け上がると、8番もバーディ。さらに後半12番、14番、16番でスコアを伸ばすと、最終18番で9つ目のバーディを奪い、2019年ウェイストマネジメント フェニックスオープン以来のツアー通算6勝目に王手をかけた。

「過去2年間この位置にいなかったので、戻って来られて良かった」と32歳のファウラー。2打差の単独2位にはローリー・マキロイ(北アイルランド)がつけており、逃げ切りを狙う最終日に向け「やるべきことはたくさんある。明日は激しい戦いなりそうだ」と気を引き締めていた。

(写真 : Getty Images)

関連番組

2021-22 ザ・CJカップ@サミット
10月14日(木)~10月17日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。