ニュース・コラム

国内男子

ショーン・ノリス、日本オープン制覇に「(キャディとして)支えになってくれた弟と、家族に感謝」

2021年10月18日(月)午後0:16

2021 日本オープンゴルフ選手権競技
 ショーン・ノリス(南ア)が国内男子ツアーの日本オープンゴルフ選手権競技(滋賀県/琵琶湖カントリー倶楽部・三上コース)で大会最少スコアとなる通算19アンダーでツアー通算6勝目を手にした。

―優勝した今の心境は

 本当に嬉しいです。名誉ある大会だと思っていますし、過去のチャンピオンであるジャンボ尾崎(将司)さん、青木功さん、松山英樹選手など本当に素晴らしい選手が優勝している大会に自分の名前を連ねられるのは本当に嬉しいです。

―前半はショットに苦しんだか

 ショットは特に悪いという感覚はありませんでしたが、風が読みづらかったので苦労しました。

―池田勇太選手などの追い上げは気になったか

 最終日に勢いよく上がってくる選手がいるとは思っていたので、(通算)18アンダーをキープできれば優勝はできると思っていたので、そこを意識してプレーしていました。

―12番のバーディについて

 12番のバーディは特別でした。それまでは1オーバーと上手く決まらない感覚だったので、あそこで1つ決めれたのは大きかったです。

―優勝を意識したのはいつ

 スタート前から意識はしていましたが、17番のティーショットが上手く行った時点で優勝できるなと思いました。

―大会記録を更新した

 優勝するだけでも嬉しいですが、さらに記録を作れて本当に嬉しいです。

―今大会を振り返って

 ここ2週間は本当に苦労していました。ZOZO チャンピオンシップの出場権も得られなかったこともあり、そのぶん今週は実力を証明したいという気持ちは強かったです。

 苦労していた2週間は弟が献身的にサポートしてくれて、自分のモチベーションを上げてくれたりと本当に助けられました。集中力を保つのが難しい中で、支えになってくれた弟、そして2か月半会えていないですが家族にも感謝したいと思います。

(C)JGA

関連番組

2021 日本オープンゴルフ選手権競技
10月14日(木)~10月17日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。