ニュース・コラム

国内女子

原英莉花「幸せだなと思いました。ゴルフを続けてきて良かったです」

2021年11月22日(月)午後2:57

2021 大王製紙エリエールレディスオープン
 原英莉花が国内女子ツアーの大王製紙エリエールレディスオープン(愛媛県/エリエールゴルフクラブ松山)で約1年ぶりとなる今季3勝目、ツアー通算4勝目を挙げた。

―1年ぶりの優勝を手にした今の心境は

 もう幸せです。嬉しいです。

―パットが決まった瞬間は

 1年間ずっと苦しく、なかなか思い通りにゴルフができず、身体が痛かったり、色々と悩みましたが、やっと優勝に辿り着けて凄く嬉しかったです。(決まった瞬間は)幸せだなと思いました。ゴルフを続けてきて良かったという気持ちでした。

―ギャラリーの前での優勝について

 あたたかい声援も頂けましたし、久しぶりに皆さんの前で勝てて嬉しかったです。

―上位が混戦で迎えた終盤の状況は把握していたか

 15番のグリーン横で見て、4人が同じスコアだなと思い、しっかりここから伸ばさないといけないなと思いました。

―17番のイーグルについて

 ティーショットを右に曲げてしまい、あと一歩のところで池でしたが、運よく打てるところにありました。セカンドショットは緊張しましたが、自分だったらピン方向に行ってしまっていたと思うのですが、キャディに止められて「センターで良いよ」と言われました。良い所につけられて、ラインを読んでいる時も(キャディとの考えが)一致していたので自信を持ってストロークできました。

―あの場面で逃げ切りを考えたか

 バーディを獲ってのイメージでしたが、まさかイーグルパットが入ってくれて良かったです。実は11番でも17ヤードくらいのイーグルパットがピンに当たってクルっと惜しくも外れたので、17番は入るイメージが持てなかったです。なので、ツーパットでバーディを獲ろうとしたのですが、入ってくれたので凄く嬉しかったです。

―18番は楽になったか

 バーディを獲りたいけれど自分のリズムに持っていけない中で、やっと解き放たれた感じでした。あまり良いショットではなかったですが、ティーショットも初めて気持ちよく打てたかなと思います。

―難コースでの勝利は自信になったか

 スタート前も「ここで優勝争いしてるのが凄いよね」という話をしていました。自信を持って勝ちたい気持ちと、出来ると信じる気持ち、それが大事なんだなと学ばせてもらった試合でした。

―来週の試合に向けて

 勝つ気で挑みたいなと思います。

(写真:Getty Images)

関連番組

2021 大王製紙エリエールレディスオープン
11月18日(木)~11月21日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。