ニュース・コラム

PGAツアー

PGAツアー初優勝に「夢のよう」 テイラー・グーチの4日間

2021年11月24日(水)午前11:11

 テイラー・グーチがPGAツアーのザ・RSMクラシック(米ジョージア州/シーアイランドゴルフクラブ)でツアー初優勝を挙げた。

 例年スコアの伸ばし合いとなる今大会でグーチは8アンダー6位タイと好スタートを決めると、2日目も「65」と好スコアを叩き出し、通算13アンダー単独トップに浮上。3日目もしっかり3アンダー「67」と伸ばし、通算16アンダー単独トップを維持すると、最終日は6アンダー「64」を記録し、通算22アンダーと後続に3打差をつけ勝利した。

 2014年にプロ転向し、2018年にPGAツアーに昇格。それから3年後に優勝を挙げた30歳のグーチは、「秋のシーズンをこのような形で終えられたことは夢のようです」と喜びを口にした。リッキー・ファウラー(米)やヴィクトル・ホブランド(ノルウェー)らを輩出した​​​​​​オクラホマ州立大学出身のグーチに引き続き注目だ。

(C)Getty Images


 タイトリストボールプレイヤーであるグーチはプロV1の卓越したスピンコントロール性能を味方につけ、ストロークゲインド:アプローチ(+6.28)/アラウンドザグリーン(+2.88)で部門別2位にランクイン。アイアンショットでもパーオン率83.3%と非常に高い精度を見せつけました。グーチはこの勝利によってフェデックスカップのシーズンランキングのトップに浮上。世界ランキングでも33位と上げて、短いオフシーズンに入る。

 グーチは、ツアー初優勝を支えたプロV1について次のように印象を語った。

「とにかく品質とパフォーマンスが一貫している、それがプロV1 に信頼を寄せている理由です。ツアーで戦う上で最も重要なのが“一貫性”です。よいゴルフを望むなら信頼できるゴルフボールを選ぶべきだと思います。私にとって、とくに弾道の打ち分け、スピンコントロールできることは何よりも重要。プロV1はその要求を完璧に満たしてくれます。弾道を低く抑えるように打てば低く、高く打てば高く、常に狙った通り一貫した結果をもたらしてくれるのです」

 初優勝のキーポイントとなったグリーン周りのアプローチの成功にも、プロV1のパフォーマンスが大きく貢献している、とグーチは言います。 

「グリーン周りでのボールコントロール(スピンコントロール、高さの打ち分け)は非常に重要です。 ボールをふわっと浮かせるフロップショットも、低く打ち出すスピンショットもプロV1なら自在に打つことができます。もしアマチュアの皆さんが我々ツアープレーヤーのようなアプローチを成功させたいならば、ボールの性能に頼るべきでしょう。私がプロV1に対して全幅の信頼をおいているように」


(ダレル・サーベイ社調べ)

 グーチの独走で幕を閉じたザ・RSMクラシックだが、タイトリストは今大会で78%の使用率を獲得し、圧倒的なNo.1ボールブランドに。ボールへの高い信頼と他を寄せ付けないトータルパフォーマンスで、上位15名すべてがタイトリスト ゴルフボール使用プレーヤーという快挙を達成している。

 

 最終日に9バーディ、1ボギーの「63」を記録し、3打差をひっくり返す大逆転優勝だった。

 国内男子ツアーのダンロップフェニックストーナメントにおいて、タイトリスト ボールプレーヤーでプロV1xを使用するチャン・キムが、9位スタートから猛チャージを展開。9バーディを奪う圧巻プレーで9月のバンテリン東海クラシックに続き、シーズン3勝目(通算7勝目)を挙げた。

 キムはこの優勝で賞金ランキングのトップに返り咲き、残り2戦で賞金王への返り咲きを目指す。同選手はNEWプロV1xの進化した飛距離性能と安定したスピンコントロール性能を信頼し、シーズン3勝すべてでプロV1xを使用している。

(C)Getty Images

 そして、LPGAツアー最終戦、CMEグループ ツアー選手権において、タイトリスト ボールプレーヤーでプロV1を使用するコ・ジヨンが、圧巻のプレーを披露した。

 最終ラウンドを首位タイでスタートしたコは安定したショットとパットを続け、9バーディ、ボギーなしの圧巻プレー。通算23アンダーまでスコアを伸ばし大会連覇を達成。シーズン5勝を挙げ、賞金女王・年間最優秀選手・ポイントランキングトップの3冠を手にした。

 コはここ3年で2度目の年間最優秀選手獲得。世界ランク1位でタイトリスト ブランドアンバサダーのネリー・コルダとともに、LPGAツアーを牽引する存在になっている。

 プロV1のトータルパフォーマンスに絶大な信頼をおくコは、63ホール連続でパーオンを達成し、最終日はグリーンだけでなくフェアウェイも一度も外すことがなかった。

 今大会でのフェアウェイキープ率は91%(51/56)、パーオン率は驚異の93%(67/72)だった。今大会を含む直近9試合で、コは「70」以上打ったラウンドが4回しかなかったが、この数より勝利数(5)の方が多くなっている。

 この他、ボギーなしのラウンドが11回、9試合の平均スコアが67.4、平均パーオン率87.8%と、神がかりプレーが続いた2021年のツアー終盤だった。

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。