ニュース・コラム

PGAツアー

モリカワ、世界No.1に“王手” 5打差単独トップで最終日へ

2021年12月5日(日)午後0:13

2021-22 ヒーローワールドチャレンジ
 タイガー・ウッズ(米)主催のツアー外競技、ヒーローワールドチャレンジ(4日/バハマ/アルバニー)は3日目が終了。世界ランキング2位のコリン・モリカワ(米)が1イーグル、6バーディの8アンダー「64」と圧巻のゴルフを披露し、通算18アンダー単独首位で最終日を迎える。

 1打差2位タイからスタートしたモリカワは、3番パー5でイーグルを奪うと、続く4番もバーディ。さらに9番から3連続バーディを奪取すると、14番、15番でもスコアを伸ばして後続に5打差をつけた。

「チッピングやパッティングは3日間を通してとても良い感じで出来ているので、これを続けていくだけです」

 24歳ながらすでにメジャー2勝を挙げ、先月には米国勢として初の欧州ツアー(現DPワールドツアー)年間王者に。さらに今大会直前に長年のガールフレンドであるキャサリン・チューさんと婚約したモリカワは、このまま逃げ切れば自身初の世界ランク1位にも浮上する見込みだ。

(写真 : Getty Images)

関連番組

2021-22 ヒーローワールドチャレンジ
12月2日(木)~12月5日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。