ニュース・コラム

国内女子

LPGAチーム連覇達成に「凄く嬉しい」 ナイスチームワークで最高の締めくくり

2021年12月13日(月)午後2:12

2021 Hitachi 3 Tours Championship
 稲見萌寧、小祝さくら、西村優菜、西郷真央、勝みなみ、菊地絵理香、原英莉花で構成された日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)チームが、日本ゴルフツアー機構(JGTO)チームと日本プロゴルフ協会(PGA)チームを下し、Hitachi 3Tours Championship(千葉県/大栄カントリー倶楽部)連覇を達成した。

―大会を振り返って

小祝:優勝できて嬉しいです。みなみちゃんと18ホールプレーできて、助けられながらも楽しい一日でした。

勝:優勝できて嬉しいです。さくらちゃんとペアを組んで、勉強になった部分もたくさんありましたし、助けられた部分も大きかったです。チームワークが本当に良くて楽しくラウンドができました。

稲見:前半は西村優菜ちゃんと組んで交互にバーディをしっかり獲れて本当に楽しく回れました。後半は真央ちゃんと組んで、私のミスから始まりましたが最終的には交互に上手くできて良かったです。

西郷:優勝できて嬉しかった点と前半に絵理香さんとペアを組ませていただき、本当に心強く楽しくプレーできました。後半も最初はプレッシャーがかかっていましたが、稲見さんがパーパットを決めてから流れが良くなり、良いスコアで回れたので良かったです。

原:優勝できたことは凄く嬉しいです。貢献できたかは分からないですが、この舞台に立てたこと嬉しくて、ずっとチームのスコアを見ながら、この一年間ともに戦ってきた選手たちの強さを改めて感じました。

西村:凄く楽しみにしていた試合だったので優勝できて嬉しいです。いつも一緒に戦っている選手たちと、こうしてチームを組んで戦えたことが凄く嬉しかったですし、皆さんに助けられてでしたが、良いゴルフができて良かったです。

菊地:真央ちゃんはショットメーカーなので、私は物凄く楽にゴルフをさせてもらいました。ナイスコンビだと思いますし、交互にバーディも獲れたので上手く噛み合っていたと思います。連覇と言ってもメンバーは変わるので、その難しさがあった中でも連覇できたことは凄く嬉しいです。若い選手たちの総合力が高いのでそのお陰で優勝できたと思いますし、良い一年の締めくくりになったと思います。

―初出場を果たした感想は

勝:ずっと出たいという気持ちがありました。いつもとは違うプレー方式で、色々な選手のプレーを観れるのも魅力的だと思いましたし、特別感が凄くある試合だと感じたので本当に出れて良かったです。

稲見:いつも戦っている選手とチームを組むことはなかなか無いので、団結して戦えている気がしました。3団体で一緒に回ることも凄く楽しく、これからツアーでもこういうダブルス戦やペア戦があれば良いなと思いました。

西郷:ジュニアの頃にギャラリーとして観戦しに来ていた試合なので、いつか自分もこの舞台に立ってみたいと思っていました。そのような舞台で選手としてプレーすることができて本当にありがたい気持ちと、いつも同じ試合で戦っている先輩方とペアを組んでチームとして団結して試合ができることは、凄くありがたい環境だと思うので、また出れるように頑張りたいと思います。

原:昔からテレビで観ていて憧れの舞台だったので楽しみにしていました。他の団体を間近で見る機会はなかなか無いですが、こうして一緒に戦えて凄く嬉しかったです。

西村:緊張感や新鮮な感情がある試合でしたけが、楽しくて夢のような舞台だなとも感じました。毎年この試合に出場できるような選手になれるよう頑張りたいなと改めて思いました。

―オフシーズンの過ごし方

西郷:昨年に引き続きトレーニングをしっかりします。今年はパッティングがずっと課題だったので、ショートゲームを向上できるよう地道な練習ではあると思いますが、継続して頑張りたいと思います。

小祝:オフは100ヤードくらいのショットを強化したいです。

稲見:総合的に全てを上げて行きたいですが、トレーニングをしっかりして、ショットの飛距離を伸ばしたり、ショートゲームを磨いて行きたいです。

勝:100ヤード以内の距離感を掴んで来年は優勝争いにもっと食い込めるように頑張りたいと思います。トレーニングはトレーナーさんと話し合って、新しいことに挑戦しているので上手く噛み合ってくれればと思います。

原:怪我をしない体作りと、一年間しっかり浮き沈みなく戦える体力、技術力を磨きたいです。特にショートゲームを安定させて平均ストロークを上げられるように頑張ります。

菊地:若い世代の子たちは総合力が高いのに伸びしろがあるという恐怖感があるので、必死にしがみ付いて来年も一年間はじき出されないよう必死に喰らい付いて頑張りたいと思います。

西村:オフは100ヤード以内の精度をもう少し高めたいのと、一年間を戦える体作り、もう少し飛距離が出ると戦いやすいと思っているので頑張りたいです。

(写真:Getty Images)

関連番組

2021 Hitachi 3 Tours Championship
12月12日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。