ニュース・コラム

ギア

タイトリスト製品が貢献!2021年のツアー&プロダクトニュースを振り返り<後編>【PR】

2021年12月27日(月)午前7:20

 2021年もいろいろあったプロゴルフのあれこれをタイトリスト的な視点で総まとめ。7月以降のトピックスを振り返る「後編」を届けよう(前編はこちら)。
 
8.NEW タイトリスト「T-SERIES」アイアン発売


 ツアーNo.1アイアンのタイトリスト Tシリーズがフルモデルチェンジ。NEW Tシリーズのラインアップは「T100」「T100・S」「T200」「T300」の4モデルで、正確なキャリー飛距離・少ない左右のバラつき・的確な落下角度によるDROP&STOP性能に、さらなる「PRECISION(精度)」を加えて新登場した。

 ツアーシーディング直後から多くのプレーヤーがスイッチ。ジャスティン・トーマス、ジョーダン・スピース、キャメロン・スミスなど、契約プレーヤーのほとんどがNEW Tシリーズアイアンをバッグに入れ勝利を手にした。
 
9.2021シーズン閉幕、タイトリスト ゴルフボールが使用率No.1
(C)Getty Images

 米国ツアー、国内ツアー、欧州ツアーの2021シーズンが終了。タイトリスト ゴルフボールは世界の主要ツアーで年間使用率73%を獲得し、192勝に貢献した。
 
10.ボールだけではない、タイトリストが5試合をSWEEP!


 2020-2021 PGAツアーにおいて、タイトリストはドライバー、ユーティリティ、ユーティリティアイアン、アイアン、ウェッジで使用率No.1獲得。

 また、主要ゴルフギア全カテゴリー(ボール、ドライバー、フェアウェイ、ユーティリティ、ユーティリティアイアン、ウェッジ、パター)で使用率No.1を記録する「SWEEP」を5試合で達成。これは他ブランドでは達成されたことのない快挙となる。
 
11.TSiドライバーが世界のツアーを席巻


 2021年は、TSiドライバーにさらに高い信頼が寄せられた1年となった。

 ATI425チタンフェースによる確実なボール初速アップと、高慣性モーメントデザインによる安定感の向上は多くのトッププレーヤーに選択され、ジャスティン・トーマス(TSi2)、ジョーダン・スピース(TSi2)、キャメロン・スミス(TSi3)、マックス・ホーマ(TSi3)、イム・ソンジェ(TSi2)などが正確無比なロングドライブを味方につけ勝利を手にした。

 タイトリスト ドライバーはシーズンを通して使用率No.1を獲得。TSi3ドライバーは2位モデルを2倍以上引き離す圧倒的な支持を獲得し、モデル別No.1ドライバーに輝いている。
 
12.LPGAツアーでもタイトリスト ゴルフボールが圧倒的使用率No.1を獲得
(C)Getty Images

 LPGAツアーではタイトリスト ゴルフボールが年間の使用率84%を記録し、圧倒的なNo.1ボールブランドとなった。

 28試合中25試合で優勝に貢献。メジャー競技においてネリー・コルダ、パティ・タバタナキット、笹生優花プロなどを勝利へ導き、賞金女王に輝いたコ・ジンヨンの活躍を支えた。

 また、ネリー・コルダはタイトリストのゴルフボールと全てのゴルフクラブを使用し、夏に行われた国際競技においても金メダルを獲得するなど、まさにパーソナルベストといえる最高のシーズンを過ごした。

 このように、2021年はPGAツアーだけでなく、LPGAツアーにおいてもタイトリスト ゴルフボール、ゴルフクラブが絶大な信頼を獲得した一年となった。

 これはベストゲームに必要なゴルフギアに男女の差やヘッドスピードの違いはないことを示した。情熱あるすべてのゴルファーのために、タイトリストの全てのアイテムは開発されている。



 2021年も静かに暮れようとしている。コロナウイルスの影響も刻々と変化しているが、ゴルフイベントも有観客試合が増え、新しい形のゴルフスタイルも確立されつつある。

 来たる2022年がユーザーにとってより良い一年となるようタイトリストは、スコアアップへと導く製品開発を通し、2022年も情熱あるゴルファーの皆様のゴルフライフをサポートしていく。

※使用率・使用ギアはダレル・サーベイ社調べ

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。