ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹、トップと5打差で3日目へ「伸ばさないとチャンスはない」

2022年1月8日(土)午後2:56

2021-22 セントリートーナメント オブ チャンピオンズ
 米男子ツアーのセントリートーナメント オブ チャンピオンズは7日、米ハワイ州のプランテーションコース at カパルアリゾートで第2ラウンドが終了。松山英樹は1イーグル、7バーディ、1ボギーの「65」で回り、トップと5打差の通算12アンダー5位タイに浮上した。

―全体的に伸ばし合いの展開でした

 自分の状態があまり良くなかったので、あまりそこは見ずにやっていました。

―前半は4アンダー

 前半で4ついけたので、後半も少しでも伸ばして貯金ができるようにと思ってやっていましたが、良いプレーができたかなと思います。

―14番は良いバーディでした

 ドライバーが凄く調子が悪くて、ウェッジは意外と距離感が合って前のホールも良かったので、そういう意味で刻んだ方が良かったというのがありました。狙い通りバーディが獲れたので良かったと思います。

―16番、17番と良いパットでした

 16番は構えた瞬間に入りそうだと思っていて、将太(早藤将太キャディ)も「入りそうな雰囲気が出ていましたよ」って言っていました。17番はちょっと強いかなと思ったのがピッタリだったので良かったなという感じです。

―18番のティーショットは今日も左でしたね

 なかなか思うようにティーショットが打てないです。17番で右に行っていたので、18番も右に行ったら凄くイヤというのがあったのでミスになりましたけど、明日は良いショットが打てるようにしたいなと思っています。

―最後は素晴らしいアプローチでナイスセーブでした

 ボギーで上がるよりはパーで上がれたので良かったなと思います。

―残り2日間に向けて

 伸ばさないとチャンスはないと思いますけど、まず良いプレーができるように準備したいなと思っています。
 

2日目ホールバイホール

関連番組

2021-22 セントリートーナメント オブ チャンピオンズ
1月6日(木)~1月9日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。