ニュース・コラム

PGAツアー

J.トーマスがコース記録「61」 ムービングデーに爆発

2022年1月9日(日)午後1:25

2021-22 セントリートーナメント オブ チャンピオンズ
 8日、米男子ツアーの2022年初戦、セントリートーナメント オブ チャンピオンズ(米ハワイ州/プランテーションコース at カパルアリゾート)は第3ラウンドが終了。32位タイから出たジャスティン・トーマス(米)がコースレコードを更新する「61」をマークし、通算17アンダー8位タイに急浮上している。

 大会2勝のトーマスは初日「74」、2日目「67」と徐々に調子を上げると、ムービングデーに爆発。5番パー5でイーグルを奪うなど前半を5アンダーで折り返すと、後半12番からの5ホールで6つスコアを伸ばす。締めくくりの18番パー5でもバーディを奪い、トータル2イーグル、8バーディと異次元のゴルフを披露した。

「良いプレーができたよ。特別何かをしたわけではないけど、ただイージーな場面やチャンスを生かすことができた。ドライバーも良かったし、アイアンショットとウェッジの質も高かった」

 トップとは9ストローク差。優勝は難しい状況だが、最終日に向け「同じことだよ。今日もそれほどアグレッシブだったわけではない。柔らかいグリーンでウェッジを手にしたら攻める。最下位でも首位でも関係ない。バーディを獲ることだけを考えるよ。今日はそれができたと思っている」とコメントした。

 なお、この日最終組を回ったジョン・ラーム(スペイン)も「61」でプレー。トーマスのコースレコードに並び、キャメロン・スミス(豪)と通算26アンダー首位タイで最終日を迎えることとなっている。

(写真 : Getty Images)

関連番組

2021-22 セントリートーナメント オブ チャンピオンズ
1月6日(木)~1月9日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。