ニュース・コラム

ギア

カーボンフェース搭載 テーラーメイド「STEALTH」ドライバー登場

2022年1月13日(木)午後2:56

 12日、テーラーメイドゴルフの新製品発表会が都内で行われ、ステルス(STEALTH)シリーズの情報が解禁された。注目は昨年の米チャンピオンズツアー、PNCチャンピオンシップでタイガー・ウッズが使用していたドライバー。赤いフェースが映えるステルスドライバーの特徴は何なのか。



 SIM1、SIM2と来たので今年はSIM3かと思われましたが予想は外れた。ステルスは「内密」やステルス戦闘機のように「存在を隠す」という意味があり、同社が内密に進めて来たことはカーボンウッドの開発。2000年から着手し、やっと完成して今年の2月4日から発売する。

 苦労したのはフェース部分だという。カーボンは軽くて強い素材なためクラウンやソールには最適ですが、衝撃に弱い素材でもあるためフェースには不向きと言われてきた。しかし、新開発された60層のカーボンフェースは耐久性があるほか、24gとチタンフェースと比較して約44%の軽量化に成功。カーボンの短所をクリアにし、PGAツアーレベルでも使用できるカーボンウッドが完成した。



 ただ、カーボンフェースと聞くと「打音が…」や「ハードそう」という印象を受けるが、発表会に出席した塩見好輝は「想像以上に音が良くてビックリしました」、松森彩夏は「柔らかくて易しい感じがしました」とチタンフェースと比べても遜色がないと話していた。

 また、赤いフェースについて永峰咲希は「赤いフェースと黒いヘッドのギャップが映えて構えやすいです」と、構えた時に上から赤いフェースが少し見えて、アライメントがしやすいとのこと。



 そんな情熱が詰まったカーボンフェースを用いたステルスドライバーは、スタンダードのステルス、ウェイトを動かせるステルスプラス、ドローバイアスのステルスHDの3モデルに加え、女性用のステルス(1モデル)もラインナップ。価格はステルスとステルスプラスが89,600円(税込)~、ステルスHDが89,600円(税込)。

 なお、ステルスシリーズは男女ともにフェアウェイウッド、レスキュー、アイアンも用意されている。

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。