ニュース・コラム

ギア

トーマス、スピースら使用 ボーケイ・デザイン「SM9」ウェッジ誕生(PR)

2022年3月14日(月)午前8:38

 アクシネット ジャパン インクが展開するブランド「TITLEIST(タイトリスト)」はボーケイ・デザイン ウェッジより、「SM9」ウェッジを2022年3月11日に発売した。ツアークローム、ブラッシュドスチール、ジェットブラックの3種類展開で、それぞれ税込27,500円。

「SM9」ウェッジはジャスティン・トーマス、ジョーダン・スピース、パトリック・キャントレーらが使用しており、すでにキャメロン・スミスがPGAツアーのセントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ、トーマス・ピータースがDPワールドツアーのアブダビHSBCチャンピオンシップで「SM9」ウェッジを使用して優勝している。

(C)Getty Images

 最先端のテクノロジーとこだわりのクラフトマンシップから生み出されるボーケイ・デザイン ウェッジ。弾道の高さをイメージ通りにコントロールし、精度の高いドロップ&ストップを極めるために、NEW SM9 ウェッジは誕生した。プレーヤーに自信を与えるプロファイルと豊富なグラインドバリエーションが、スコアリングショットを成功へと導く。



 ソールグラインドはあらゆるアプローチスタイル、ヘッドの入射角、コースコンディションに対応できるよう設計。さまざまなグラインドを組み合わせることでさらにウェッジショットにおける選択の幅を広げている。

 ツアープレーヤーのフィードバックにより、ヒールサイドからリーディングエッジのつながりをよりスムーズに変更し、さらにスクエアに構えやすくなった。また、世界中のプレーヤーが好むツアーグラインドを採用。トップラインのエッジを研磨し、異なるロフト角でもアドレス時の見た目に違和感がないよう調整された。



 また、ロフト別の最適重心設計「プログレッシブCG」に加え、スクエアインパクトをサポートするフォワードCGをロフト角・グラインドに合わせて最適化。インパクト時のヘッド挙動が安定しコントロール性が向上するだけでなく、心地よいフィーリングと安定した弾道の高さの精度を高めることに成功。

 さらに、高精密な「NEW SPIN MILLED GROOVE」を採用。溝のエッジ付近のフェース平滑性をミルド加工によって高めたことで、しっかりとしたボールコンタクトによる摩擦力がアップ。フルショットからグリーン周りのアプローチまで安定したスピン性能によって狙ったエリアにボールを止めることができる。

■スペック詳細
ヘッド素材:軟鉄
ヘッド製法:鋳造
ヘッド仕上げ:ツアークローム、ブラッシュドスチール、ジェットブラック
ロフト角:46°、48°、50°、52°、54°、56°、58°、60°、62°
グリップ:ゴルフプライド ツアーベルベット・ラバー・フラットキャップ(M60)
原産国:日本
シャフト:Dynamic Gold , BV105 , N.S.PRO 950GH neo
価格:27,500円(税込)

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。