ニュース・コラム

PGAツアー

24歳のシーガラがツアー初V王手 松山英樹は7位、ラームは20位

2022年2月13日(日)午前10:55

2021-22 WMフェニックスオープン
 米男子ツアーのWMフェニックスオープンは12日、米アリゾナ州のTPCスコッツデール(7,261ヤード・パー71)で第3ラウンドが終了。24歳のサーヒス・シーガラ(米)が通算14アンダー単独首位をキープし、ツアー初優勝に王手をかけた。

 通算13アンダー単独2位にブルックス・ケプカ(米)、通算12アンダー3位タイにスコッティ・シェフラー(米)、パトリック・キャントレー(米)、テイラー・グーチ(米)、ザンダー・シャウフェレ(米)が続く。

 大会2勝の松山英樹、マックス・ホーマ(米)は通算11アンダー7位タイ、ジョン・ラーム(スペイン)、ジャスティン・トーマス(米)は通算8アンダー20位タイ、ジョーダン・スピース(米)は通算2アンダー53位タイで最終日に臨む。

(写真 : Getty Images)

関連番組

2021-22 WMフェニックスオープン
2月10日(木)~2月13日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。