ニュース・コラム

PGAツアー

大会3勝目狙う松山英樹、「66」で3打差7位タイ浮上

2022年2月13日(日)午後1:05

2021-22 WMフェニックスオープン
 米男子ツアーのWMフェニックスオープン(12日/米アリゾナ州/TPCスコッツデール)は第3ラウンドが終了。大会3勝目を狙う松山英樹はムービングデーに6バーディ、1ボギーの「66」を叩き出し、トップと3打差の通算11アンダー7位タイで最終日を迎える。

 13位タイからスタートした松山は、1番でいきなりボギーを叩いたものの、8番、9番をバーディとして1アンダーでハーフターン。後半は13番でバーディを先行させると、15番から怒涛の3連続バーディを奪取してリーダーボードを駆け上がった。

 上位には単独首位のサーヒス・シーガラ(米/通算14アンダー)ほか、前回覇者のブルックス・ケプカ(米/通算13アンダー)、パトリック・キャントレー(米/通算12アンダー)、ザンダー・シャウフェレ(米/通算12アンダー)ら実力者が並ぶ展開だが、逆転となればアジア人最多優勝記録を更新するツアー通算9勝目となる。

(写真 : Getty Images)

関連番組

2021-22 WMフェニックスオープン
2月10日(木)~2月13日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。