ニュース・コラム

PGAツアー

スピースが世界ランクトップ10に返り咲き 松山英樹は13位

2022年4月18日(月)午後0:30

この記事のキーワード
 17日付の男子世界ランキングが発表された。

 米男子ツアーのRBCヘリテイジを制したジョーダン・スピース(米)が20位から10位に浮上。2018年10月以来となるトップ10に返り咲いた。プレーオフで敗れたパトリック・キャントレー(米)は2つ上げ4位となった。

 トップ3はスコッティ・シェフラー(米)、コリン・モリカワ(米)、ジョン・ラーム(スペイン)と変動はなかった。

 松山英樹は1つ下げ13位。そのほかの日本勢は、金谷拓実が59位、木下稜介が77位、星野陸也が83位。国内男子ツアーの関西オープンゴルフ選手権競技でツアー通算3勝目を挙げた比嘉一貴は196位から117位に順位を上げている。

(写真:Getty Images)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。