ニュース・コラム

PGAツアー

元世界No.1のD.ジョンソンは12位発進「良いスイングができている」

2022年5月13日(金)午後4:12

2021-22 AT&Tバイロン・ネルソン
 米男子ツアーのAT&Tバイロン・ネルソン(12日/米テキサス州/TPCクレイグランチ)は第1ラウンドの競技が終了。約1年半ぶりの優勝を狙うダスティン・ジョンソン(米)は9バーディ、4ボギーの「67」で回り、松山英樹らと並ぶ5アンダー12位タイとまずまずのスタートを切っている。

 昨年の同時期は世界ランキングNo.1に君臨していたジョンソンだが、6月の全米オープンゴルフ選手権後にトップの座から転落。そして今年3月のバルスパーチャンピオンシップ後には11位となり、約7年間キープしたトップ10からも陥落した。

「秋は1試合しかプレーしなかった。だから今年はあまりゴルフをしていない感じがして、リズムをつかむのが難しかったんだ」とジョンソン。それでも「良いスイングができている」と自身のプレーには手応えを得ているようで、「これからはたくさんゴルフをするつもりだから、ここで良い状態になればと願っているよ」と前向きに語った。

 上位はセバスチャン・ムニョス(コロンビア)が12アンダー単独首位。前回覇者の李京勲(韓)らが8アンダー2位タイ、カイル・ウィルシャー(米)が7アンダー単独6位、チャール・シュワーツェル(南ア)、カルロス・オルティス(メキシコ)らが6アンダー7位タイで続く展開となっている。

(写真:Getty Images)

関連番組

2021-22 AT&Tバイロン・ネルソン
5月12日(木)~5月15日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。