ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹は18位後退 ムニョスが首位、1打差にスピース

2022年5月15日(日)午前8:46

2021-22 AT&Tバイロン・ネルソン
 米男子ツアーのAT&Tバイロン・ネルソンは14日、米テキサス州のTPCクレイグランチ(7,468ヤード・パー72)で第3ラウンドが終了。9位タイから出た松山英樹は7バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「69」で回り、通算14アンダー18位タイに後退した。

 通算21アンダー単独首位にセバスチャン・ムニョス(コロンビア)。通算20アンダー単独2位にジョーダン・スピース(米)、通算19アンダー単独3位にホアキン・ニーマン(チリ)がつけ、通算18アンダー4位タイにジャスティン・トーマス(米)、ジェームス・ハーン(米)、通算17アンダー6位タイに連覇を狙う李京勲らが続いている。

 世界ランキング1位のスコッティ・シェフラー(米)は通算16アンダー9位タイ、ダスティン・ジョンソン(米)は通算13アンダー21位タイ、ザンダー・シャウフェレ(米)は通算12アンダー30位タイ。アダム・スコット(豪)は通算9アンダー53位タイ、ジェイソン・デイ(豪)は通算7アンダー69位タイで最終日を迎える。

(写真 : Getty Images)

関連番組

2021-22 AT&Tバイロン・ネルソン
5月12日(木)~5月15日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。