ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹は9番手、スピースが最有力 ウッズもランクイン/全米プロV予想

2022年5月17日(火)午前11:42

2022 全米プロゴルフ選手権
 16日、海外男子メジャーの全米プロゴルフ選手権(19~22日/米オクラホマ州/サザンヒルズカントリークラブ)の優勝予想が米ツアー公式サイトで発表となった。

 日本の松山英樹は9番手にランクイン。前週のAT&Tバイロン・ネルソンでは正確なアプローチショットで3位タイを記録したことに加え、今季すでに2勝をマークしていることが高評価された。

 優勝候補最有力に推されたのはジョーダン・スピース(米)だ。4月のRBCヘリテイジで優勝、AT&Tバイロン・ネルソンで単独2位と直近2試合は絶好調。勝てばキャリアグランドスラム達成となる。

 2番手は、優勝したメキシコオープン at ヴィダンタ以来3週ぶりの出場となるジョン・ラーム(スペイン)。3番手は、AT&Tバイロン・ネルソンで5位タイに入ったジャスティン・トーマス(米)となった。

 以下、4番手にスコッティ・シェフラー(米)、5番手にローリー・マキロイ(北アイルランド)、6番手にパトリック・キャントレー(米)、7番手にザンダー・シャウフェレ(米)、8番手にマシュー・フィッツパトリック(英)と続く。

 また、キャメロン・スミス(豪)は10番手、コリン・モリカワ(米)は11番手、タイガー・ウッズ(米)は14番手、ヴィクトル・ホヴランド(ノルウェー)は15番手、ブルックス・ケプカ(米)は19番手評価を受けている。

 金谷拓実、星野陸也、木下稜介、稲森佑貴、香妻陣一朗は20位までのランキングに入らなかった。

(写真:Getty Images)

関連番組

2022 全米プロゴルフ選手権
5月19日(木)~5月22日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。