ニュース・コラム

国内男子

比嘉一貴、メジャーVは「最高に嬉しい」 全英オープンの切符は「狙っていた」

2022年6月6日(月)午後3:42

2022 BMW日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ
 比嘉一貴が国内男子ツアーのBMW日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ(茨城県/宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース)で優勝。DPワールド・ツアーのBMWインターナショナルオープンの出場権を得たほか、全英オープンゴルフ選手権への出場も決めた。

―優勝した今の心境は

 優勝はあまり意識していなかったですが、最高に嬉しいです。過去2回出場して予選落ちが続いていて、コースに苦手意識がありましたが、今年は調子の良い状態で来れました。

―前半の終盤と後半の最初のボギーについて

 最悪の状況だけは避けたようなボギーでした。難しいホールなのでボギーはしょうがないという気持ちだったので、そこまで引きずらなかったです。

―途中は追う展開だった

 13番のリーダーボードで大槻(智春)さんが12アンダーで、僕が7アンダーでした。一緒に昨日プレーして17番、18番をバーディにしたところを見て、今日も絶対に来ると思っていました。とにかく12アンダーを目指していました。

―18番のバーディについて

 ちょっと木に重なっていましたが、左からのアゲインストだったので良いイメージで打てました。(第2打目は)少しピンの左に残すつもりでしたが、左の風が強くて思ったより流れました。それでも良いショットでした。

―最後のパッティングは震えていた

 最初は球に当たらないと思いました。行っちゃえと思って打とうと思いましたが、一回冷静になろうと思いました。震えましたが、その中でも良い勝負ができて良い経験になりました。

―全英オープンの出場権を得た

 全英オープンは狙っていました。セントアンドリュースということもあり、生で自分が出たいと思ったのはテレビで観た全英オープンだったので、そのセントアンドリュースに行けるのは嬉しいです。 

―ヨーロッパでの試合について

 まだあまり考えていないですが、元々はヨーロッパに行きたくてアジアンツアーに挑戦していたので、ヨーロッパの大きな大会に出れるチャンスを頂けて嬉しいですし、次に繋がるような活躍ができればと思います。

(C)JGTO Images

関連番組

2022 BMW日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ
6月2日(木)~6月5日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。