ニュース・コラム

アマチュア競技・イベント

古川龍之介が日本アマ制覇に王手「楽にプレーできている。優勝を目指して」

2022年6月30日(木)午後5:19

第106回日本アマチュアゴルフ選手権競技
 2022年度(第106回)日本アマチュアゴルフ選手権競技は30日、広島県の広島カンツリー倶楽部 八本松コースで第3ラウンドの競技が終了。単独2位から出た古川龍之介が1イーグル、5バーディ、1ボギーの「66」をマークし、通算12アンダー単独首位に浮上した。

―3日目を終えて

 今日は人生で初めてのホールインワンも出て、それから波に乗れて、6アンダーの良いプレーが出来たと思います。

―何が良かった?

 ラフが長くて、ティーショットの正確性がカギになるコースだと思うので、そのマネージメントをしっかりと立てて、その通りに打てたのが今日は良かったかなと思います。

―同じ日大の前田光史朗選手と回って

 お互いに評価している部分があります。それがこうした日本アマの最終組で回れることは凄い嬉しくて、鼓舞しあいながら回れたましたけど、今日は自分がその波を勝ち取ってやったぞという感じです。

―12アンダーで最終日へ

 昨日から自分の同級生の同部屋の子がキャディで担いでくれていますけど、2人で和気あいあい楽しくプレーして、そのキャディを優勝キャディにできるように自分が頑張っていきます。

―後続の岡田晃平選手、蝉川泰果選手について

 岡田選手は普段から大学の大会ではライバルとしてやっている東北福祉大のレギュラー選手で、今までも何度も試合では回っているので、自分のプレーに自信を持って勝負できたらなと思います。

(その他にも)本当に爆発力のある力のある選手がたくさんいます。そういった選手の中でこうして今トップに立てていることは凄い自分の中で自信につながっているので、明日も堂々とプレーできるように頑張ります。

―コースの攻略法

 ティーショットはティーグラウンドの前に木がせり出していたりして、ほとんどの選手はそれが打ちにくいという感想が出ると思いますけど、自分はかえってそれが出球をしっかりと決めて、この球を打てばバーディチャンスがやってくるというのが凄い分かりやすくて、コースに攻め方を教えてもらっているような感覚で楽にプレーできています。その感覚を明日も大事にして優勝を目指して頑張ります。

関連番組

第106回日本アマチュアゴルフ選手権競技

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。