ニュース・コラム

PGAツアー

岩田、悪い流れを断ち切ることができず… 「74」と崩れて30位タイに後退

2017年3月1日(水)午後2:26

この記事のキーワード

 米男子ツアーとウェブ・ドットコム・ツアー(下部ツアー)の入れ替え戦“ウェブ・ドットコム・ツアー・ファイナルズ"<最終戦>ウェブドットコムツアーチャンピオンシップが現地時間3日、フロリダ州TPCソーグラスを舞台に第3ラウンドの競技を終了。岩田寛は4オーバー74とスコアを落とし、通算3アンダー30位タイに後退した。

 トップと3打差の5位タイで週末を迎えた岩田だったが、この日は1番でボギーが先行する苦しいスタートになると、3番パー4ではグリーン横のバンカーに捕まりダブルボギー。さらに前半でもう1つスコアを落として4オーバーで後半に向かう。バックナインでも11番、13番をボギーとすると、16番パー5でイーグルをマークしたものの、1イーグル、4ボギー、1ダブルボギーの内容でホールアウトとなった。

 フェアウェイキープ率は前日と同じ50%、パーオン率は3日間の中で最高の72.22%をマークしたものの、予選ラウンドの2日間とは対照的な結果に。特に第2ラウンドでは要所をアプローチやパットなどで締めてスコアメイクしていたものの、この日は立ち上がりからの悪い流れを終盤まで引きずる展開となってしまった。暫定での賞金ランクは14位に後退。最終日に巻き返し、優先出場順位を1つでも上げることはできるだろうか。

 上位勢は、前日単独首位のエミリアーノ・グリッロ(アルゼンチン)が通算13アンダーまでスコアを伸ばし、リーダーボードのトップをキープ。賞金ランキングでトップに立つチェズ・リアビ(米)が3アンダー67で回り、通算11アンダー単独2位となっている。

 2009年の全米オープン覇者で米ツアー3勝のルーカス・グローバー(米)は1アンダー69と大きく伸ばすことは出来ず、通算10アンダーの単独3位。トップと4打差の単独4位には、アーノルド・パーマーの孫として知られるサム・サウンダース(米)がつけている。

「<最終戦>ウェブドットコムツアーチャンピオンシップ」全ラウンド生中継!最終日の模様は5日(月)午前4時?放送!スマホ・PC・タブレットでも視聴可能!

下部ツアー、ウェブドットコムツアーの最終戦。フェデックスカップポイントで125位以下と、ウェブドットコムツアー賞金ランク75位以内の選手で争われるツアーファイナル4戦の最終戦。今年ブレークを果たしたチェッソン・ハドリーや、ジャスティン・トーマスらは、それぞれこの入れ替え戦を勝ち抜いてPGAツアーを戦っている。Qスクールから直接PGAツアーに上がる方法がなくなった今、ウェブドットコムツアーは若いタレントの登竜門だ!

詳しい放送予定はこちら

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。