ニュース・コラム

海外女子

2012年の悲劇を乗り越えて─ 全英リコー女子OP優勝 キム・インキョンの4日間

2017年8月8日(火)午前11:20

2017全英リコー女子オープンゴルフ選手権
 女子ゴルフの今季メジャー第4戦 全英リコー女子オープンゴルフ選手権(スコットランド・キングスバーンズゴルフリンクス)でキム・インキョン(韓)がメジャー初制覇を果たした。

 7月のマラソン・クラシック(オハイオ州ハイランド・メドーズGC)で優勝、前週のアバディーン・アセット・マネジメント・スコットランド女子オープンでは9位タイに入るなど、好調な状態でスコットランドに乗り込んだキムは、初日から快調なスタートを切る。前半の8番までに5バーディを奪うと、後半も2つスコアを伸ばして、7アンダー「65」をマーク。トップと1打差の単独2位につける。

 2日目は1番でボギーが先行したが、続く2番ですぐさま取り返すと、1アンダーで迎えた11番パー5ではイーグルを奪取。17番でもバーディを奪い、4アンダー68でラウンドし、後続に2打差の首位に浮上する。さらに、ムービングサタデーは抜群の安定感を見せて5番から3連続バーディ奪うと、18ホールをノーボギーで終えて6アンダー「66」でホールアウト。2位以下に6打差をつけてメジャータイトルに大きく近づいた。


 迎えた最終日は1番でバーディを奪ったものの、8番バーディの後の9番でボギーを喫するなど前半は1アンダーと足踏み状態に。大きくスコア伸ばしてきたジョディ・エワート(英)に2打差に迫られると、30センチのパットを外してメジャー優勝を逃した2012年のクラフト・ナビスコ選手権が脳裏によぎりそうになる展開となったが、バックナインをスコアカード通りに終えて逃げ切った。

 初のビッグタイトルを手にしたキムは「今の感情は説明できない。楽しもうとしたけど、バックナインは楽しくなかった」とプレッシャーのかかるプレーの連続だったと話した。さらに「勝ったときは泣きそうになってしまった。勝利はとても素晴らしい。2012年の出来事を乗り越えるのは長い道のりだった。たくさんの人が助けてくれて、再びゴルフを楽しむことができるようになった」と“悲劇”からの復活を喜んだ。
 

 

 キム・インキョンが使用している(NEW プロV1x)タイトリスト・ゴルフボールは、今大会においても使用率No.1を獲得。また、国内女子ツアー「北海道meijiカップ」で森田遥(NEW プロV1x使用)が初優勝したほか、米国シニアツアー「3M選手権」では、タイトリスト・ボールプレーヤーのポール・ゴイドス(NEW プロV1使用)がプレーオフを制し優勝している。
 



(ボール使用数は延べ数です。2017年8月6日時点・ダレルサーベイ社調べ)

 

【関連】Titleist - the #1 ball in golf | Golf Company | Golf Balls - Titleist.co.jp

関連番組

2017全英リコー女子オープンゴルフ選手権
2017年8月3日(木)午後6:00~開幕

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。