ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹は3位を堅守 日本オープン優勝の池田勇太が37位に浮上

2017年10月17日(火)午前10:23

この記事のキーワード
 米国時間16日に最新の男子ゴルフ世界ランキングが発表され、米男子ツアーのCIMBクラシック優勝のパット・ペレス(米)は31位から20位、単独2位のキーガン・ブラッドリー(米)が98位から64位にランクアップ。5位タイに入った松山英樹は3位を堅守している。

 1位ダスティン・ジョンソン(米)、2位ジョーダン・スピース(米)、3位松山、4位ジャスティン・トーマス(米)、5位ジョン・ラーム(スペイン)とトップ5に動きはなかった。

 日本オープンゴルフ選手権競技を制した池田勇太が52位から37位に浮上と、年末時点の上位50選手に付与されるマスターズ出場権に向けて前進。単独3位となった小平智は14ランクアップの63位となっている。

 また、欧州ツアーのイタリアンオープンで優勝を果たしたティレル・ハットン(英)が22位から17位、谷原秀人は予選落ちを喫したが1ランクアップの57位となった。

(写真提供:Getty Images)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。