ニュース・コラム

国内女子

賞金女王狙う鈴木愛は11位タイ テレサ・ルーが単独首位

2017年11月24日(金)午後3:54

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ
この記事のキーワード
 国内女子ツアーの最終戦 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップは24日、宮崎県の宮崎カントリークラブを舞台に第2ラウンドの競技を終了。テレサ・ルー(台)が1イーグル、4バーディ、2ボギーの4アンダー68で回り、通算8アンダー単独首位を堅守している。

 2打差単独2位に「67」でプレーしたイ・ミニョン(韓)、4打差3位タイに笠りつ子、穴井詩、5打差単独5位に申ジエ(韓)が続く。

 賞金ランクトップの鈴木愛は、前半をイーブンで折り返すも、後半15番でボギーを叩き、ノーバーディ、1ボギーの1オーバー73で通算イーブンパー11位タイに後退。鈴木は単独6位以上で今大会を終えれば、他選手の成績に関係なく賞金女王に輝く。

 逆転で賞金女王を目指すキム・ハヌル(韓)も、4バーディ、5ボギーの1オーバー73とスコアを落とし、通算1アンダー7位タイとなっている。

 その他、イ・ボミ(韓)、堀琴音、青木瀬令奈が通算2オーバー19位タイ、菊地絵理香、柏原明日架が通算4オーバー25位タイで2日目を終えた。

(写真提供:Getty Images)
 

関連番組

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ
11月23日(木)~11月26日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。