ニュース・コラム

国内女子

テレサ・ルーが今季4勝目に王手 賞金ランク1位の鈴木は13位

2017年11月25日(土)午後3:14

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ
 国内女子ツアーの最終戦 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップは24日、宮崎県の宮崎カントリークラブを舞台に第3ラウンドの競技を終了。テレサ・ルー(台)が単独首位をキープして最終日を迎える。

 初日から首位に立つテレサ・ルーは、2番で最初のバーディを奪うと、その後もスコアを伸ばしノーボギーの「67」でホールアウト。賞金ランキング5位と賞金女王になれる可能性はないものの、通算13アンダーまで伸ばした同選手が今季4勝目に向け王手をかけた。

 通算11アンダー単独2位は現在賞金ランキング3位のイ・ミニョン(韓)。通算7アンダー3位タイに賞金ランク4位の申ジエ(韓)、成田美寿々。通算5アンダー単独5位に先日ツアー初優勝を飾った永井花奈、通算4アンダー6位タイにアン・ソンジュ(韓)、李知姫(韓)、上田桃子が続く。

 一方、賞金ランク首位で、4年ぶりの日本人賞金女王に近づいている鈴木愛は、通算2アンダー13位タイに同ランク2位のキム・ハヌル(韓)らと並ぶ。鈴木は、イ・ミニョンが優勝した場合でも15位以下にならなければ、初の賞金女王が決定する。

 その他、昨季賞金女王のイ・ボミ(韓)は通算イーブンパー16位タイ、川岸史果、青木瀬令奈、西山ゆかりらは通算1オーバー20位タイとなっている。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ
11月23日(木)~11月26日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。