ニュース・コラム

PGAツアー

5位浮上のタイガー「身体の調子が良い」 腰の状態に不安なし

2017年12月2日(土)午前11:36

ヒーローワールドチャレンジ
 ヒーローワールドチャレンジが現地時間1日、バハマのアルバニーを舞台に第2ラウンドの競技を終了。5位タイで大会を折り返したタイガー・ウッズ(米)が自身の状態について語った。

 初日に「69」を出して8位タイのウッズは、この日は9番でイーグルを奪うなど、トータル1イーグル、4バーディ、2ボギーの「68」をマーク。首位と5打差の通算7アンダー5位タイに順位を上げた。

 今春に4度目の腰の手術を受け、2月以来約10カ月ぶりに実戦復帰を果たしたウッズが満足にプレーできるのかと大会前には懐疑的な見方がされていたものの、2日続けてアンダーパーで回った同選手は大きな自信を得たようだ。

 2日目の競技終了後、腰の状態について問われたウッズは「何も問題はない。この大会を迎えるにあたって9日間連続でプレーできたのがその理由だ。私の身体は徐々にプレーすることに慣れてきている。もちろん、スピードと正確なショットを問われる競技としてのゴルフは今までのものとは少し違うが、身体の調子は良いようだ」と答えている。

 実際に大会前の数日間、ウッズは26日に18ホールを回り、27日、28日には9ホールずつプレー。そして29日のプロアマでも18ホールを回るなど入念な準備を行っていた。さらに、練習ラウンドの合間を利用して、リハビリを兼ねたトレーニングに専念するなど、コンディション調整に余念がない。

 昨年の同大会で出場18選手中15位に終わったウッズだったが、果たして残り36ホールでどのようなプレーを見せるのだろうか。第3ラウンド以降のゴルフにも注目が集まる。


(写真提供:Getty Images)

関連番組

ヒーローワールドチャレンジ
11月30日(木)~12月3日(日)