ニュース・コラム

国内ツアー

賞金ランク2位の宮里が首位タイに浮上 小平、池田は下位に沈む

2017年12月2日(土)午後3:18

 国内男子ツアー最終戦のゴルフ日本シリーズJTカップは2日、東京都の東京よみうりカントリークラブを舞台に第3ラウンドの競技を終了。宮里優作とスンス・ハン(米)が首位に並び最終日を迎える。

 現在賞金ランキング2位の宮里はこの日、6番でイーグルをマークするなど、5アンダー65でホールアウト。一方、前週ツアー初優勝を飾ったスンス・ハンは4つスコアを伸ばし、両者は通算7アンダーで並んでいる。

 通算6アンダー単独3位にショーン・ノリス(南ア)、通算5アンダー4位タイに稲森佑貴とH.W.リュー(韓)。通算4アンダー6位タイに久保谷健一、黄重坤(韓)、ブラッド・ケネディ(豪)、通算3アンダー9位タイに宋永漢(韓)、今平周吾、金庚泰(韓)が続く。

 その他、賞金ランク1位の小平智は3オーバー73で回り、通算6オーバー24位タイ、昨年賞金王の池田勇太も3つスコアを落として通算8オーバー26位タイと下位に沈んでいる。