ニュース・コラム

PGAツアー

最終日に7連続バーディ含む「61」で大逆転 - ヒーローワールドチャレンジ リッキー・ファウラーの4日間

2017年12月5日(火)午後1:50

ヒーローワールドチャレンジ
 タイガー・ウッズ(米)主催のヒーローワールドチャレンジ(現地時間11月30日~12月3日/バハマ・アルバニー)で、リッキー・ファウラー(米)が通算18アンダーで優勝を果たした。

 約10か月ぶりにウッズが競技復帰することもあり話題となった今大会。ファウラーの第1ラウンドは、出だしから3連続バーディを奪うなど4アンダーで前半を折り返す。後半もスコアを1つ伸ばし、5アンダー67の2位タイと好スタートを切る。

 第2ラウンドは2アンダーでハーフターンし、後半は4バーディ、2ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しい展開。通算スコアを7アンダーとしたが、5位タイに順位を下げる。第3ラウンドは6バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「72」とスコアを伸ばすことが出来ず、首位と7打差の5位タイで最終ラウンドへ。



 逆転優勝を狙ったファウラーは、スタートホールから幸先よくバーディを奪う。その後も7つのバーディを重ね、前半はなんと「28」を記録した。後半も3つスコアを伸ばし、トータル11バーディ、ノーボギーの「61」でフィニッシュ。通算18アンダーで逆転優勝を飾った。

 50台までもう一歩のところだったファウラーは、「後半、自分のポジションが分からなかったけど、(11アンダー)に満足している。もちろん59という数字は頭にあったけど、そこまで求める必要はなかった」とコメントしている。

 昨シーズンはホンダクラシックでの優勝をはじめ、トップ10入りも10回と安定した成績を収めた。全英オープンゴルフ選手権、全米プロゴルフ選手権でも5位タイに入るなど、メジャータイトルもすぐそばのところまで来ている。来シーズンも爆発力が持ち味のファウラーに注目だ。


 リッキー・ファウラーが使用している(プロV1)タイトリスト・ゴルフボールは、今大会においても使用率No.1を獲得。また、欧州男子ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」で、タイトリスト・ボールプレーヤーのディラン・フリッテリ(プロV1使用)がツアー通算2勝目を挙げている。
(ボール使用数は延べ数です。2017年12月3日時点・ダレルサーベイ社調べ)

【関連】Titleist - the #1 ball in golf | Golf Company | Golf Balls - Titleist.co.jp

関連番組

ヒーローワールドチャレンジ
11月30日(木)~12月3日(日)