ニュース・コラム

PGAツアー

宮里優作「思い切って羽ばたきたい」 ソニーオープンから駆け抜ける1年に

2018年1月11日(木)午後0:23

2017-18 ソニーオープン イン ハワイ
この記事のキーワード
宮里優作
ソニーオープン
 ソニーオープン イン ハワイ(現地時間11日/ハワイ、ワイアラエCC)に出場する宮里優作。昨季は国内男子ツアーの賞金王に輝き、選手会長としても大きくゴルフ界に貢献した。マスターズ出場権も獲得した同選手に、以前は宮里のキャディを務めていたプロキャディ・杉澤伸章氏がインタビューを行った。
 

―あけましておめでとうございます。色々とおめでとうございます。

ありがとうございます。
 

―マスターズ出場権獲得の要因

年が明けてソニーオープンから出てましたけど、あまり調子が良くなくて。徐々に上げていければとは思ってました。最初に優勝した中日クラウンズから、まさか和合で勝てるとは思っていなかったので、そこから少しスイッチが入りました。


―その後は沖縄(日本プロゴルフ選手権)で優勝

地元でばかり勝っていたんですよね。


―最後は逆転で賞金王、1年通して自作自演のように感じた

名前も優作ですしね(笑)。


―技術的なことは

クラブは変えましたけど、あまり(技術的には)変えてないですね。パッティングはすごくイメージが良くなってきていて、どのコースに行っても安定していました。


―年間通してパー5の攻め方が良かった

全然気にしていなかったですね。イーグルは少なかったですが、バーディは取れていたのかなと思います。取れるホールで取っていたというイメージはあります。取りこぼしが少なかったというのはありました。


―オフの過ごし方は

マスターズの招待状をひたすら待っていました(笑)。来た時は手元になかったので、沖縄に帰ろうと思ったんですけど、母親がインフルエンザになってしまって、帰れなくなってしまいました。結局メールだけ。まだ(実際に目で)見ていないです。親父はドキドキしながら開けたみたいです。


―マスターズまでの日程は

海外ばかりですね。たぶん3週間くらいしか休まない感じで、ずっと出ますね。


―日本ツアーの見どころは

選手会長の石川遼じゃないですか? 見て欲しいな。まだ若いんですけど、やっぱりツアーの為に色々やりたいという気持ちもあったようなので。打診したのは僕なんですけど、ダメ元で言ったら引きけてくれました(笑)。僕も海外の試合が多くなって、物理的に日本にいる機会が少ないので。やっぱり若い力っていうのはすごく大事。日本も若い選手が多くなって、彼らがこれから引っ張って行くという形に持っていきたいと思っていたので、そういう意味では最高のリーダーだと思います。


―副会長として残る宮里選手のサポート力がすごい

周りがしっかりサポートしないと、さすがに若いですから。1年目は僕も苦労したので、そこは皆で、遼だけじゃなくて皆で盛り上げるという形を取りたかった。僕がいないほうが多いんですけど、色々相談しながらやっていきましょうというスタンスですね。


―石川選手にとっても宮里選手は心強い

日本で何試合かやって、また海外で挑戦してくれると思うので。


―選手会長は大変だが、結果は残せると宮里選手が証明した

いい仕事だよ、いい職ですよというの見せたくて。言い訳にはしたくなかったので。


―今回で10回目の出場となるソニーオープンの印象は

相変わらず難しいですね。グリーンも2ホールくらい変わって、難しくなっているし、グリーン周りもグリーン上もすごく難しい。


―風の影響は

ありますよ。今日くらいだとそよ風なので、吹いてきたら全然違うコースとなりますね。


―今年の目標

海外でやるチャンスをもらったので、本当に積極的に海外に出ていきたいですし、こっちで成績を残していきたいというのもあります。久しぶりの海外なので、肩の荷が下りた部分もありますし、羽ばたきたいですね、思い切って。
 

関連番組

2017-18 ソニーオープン イン ハワイ
1月11日(木)~1月14日(日)