ニュース・コラム

メジャー・対抗戦

池田組と谷原組が2日目も勝利 アジアチームが1点リードで最終日へ

2018年1月13日(土)午後4:50

2018ユーラシアカップ presented by DRB-HICOM
この記事のキーワード
 欧州代表チームとアジア代表チームが激突する「ユーラシアカップ」の2日目が現地時間13日、マレーシアのグレンマリーGCを舞台に終了。フォーサム(1つのボールを2人が交互に打つ)で行われたこの日は3勝3敗で終わり、アジアチームが1ポイントリードしている。

 日本から出場している池田勇太はこの日もギャビン・グリーン(マレーシア)と組み、ラファエル・カブレラ・ベヨ(スペイン)&アレクサンデル・レビ(仏)と対戦。15番から3連続でポイントを奪取した池田&グリーン組が逆転で勝利した。

 また、谷原秀人&パチャラ・コンワットマイ(タイ)組はポール・ダン(アイルランド)&アレクサンダー・ノーレン(スウェーデン)と当たり、2&1で1ポイントを奪った。

 日本勢の活躍もあり、アジアチームが6.5対5.5と欧州チームをリードして最終日を迎える。なお、最終日の競技はシングルマッチで行われる。

【2日目結果】
T.フリートウッド(英) & H.ステンソン(スウェーデン)
3&2
S.S.P.チョウラシア(インド) & A.ラヒリ(インド)

P.ケイシー(英) & T.ハットン(英)
2&1
K.アピバンラット(タイ) & アン・ビョンホン(韓)

G.グリーン & 池田勇太
1UP
R.カブレラ・ベヨ & A.レビ

M.フィッツパトリック(英) & T.ピータース(ベルギー)
3&2
カン・スンフン(韓) & P.サクサンシン(タイ)

P.コンワットマイ & 谷原秀人
2&1
P.ダン & A.ノーレン

リ・ハオトン(中) & N.フン(マレーシア)
3&1
R.フィッシャー(英) & B.ビースバーガー(オーストリア)

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2018ユーラシアカップ presented by DRB-HICOM

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。