ニュース・コラム

国内男子

宮里優作が単独6位に急浮上 石川遼はカットラインに1打及ばず

2018年1月26日(金)午後8:59

2018 レオパレス21 ミャンマーオープン
 国内男子ツアーのレオパレス21ミャンマーオープンは現地時間26日、ミャンマーのパンラインゴルフクラブを舞台に第2ラウンドを終了。ポール・ピーターソン(米)、ラタノン・ワナスリチャン(タイ)が通算8アンダー首位タイで並び決勝ラウンドへ進む。

 日本勢最高位は通算7アンダー3位タイの川村昌弘。4バーディ、1ボギーの3アンダー68で順調にスコアを伸ばした。同順位に朴ジュンウォン(韓)、シン・ミカ・ローレン(米)がつけている。

 昨季賞金王の宮里優作が意地を見せ、8バーディ、2ボギーの6アンダー65で回り、前日52位タイから通算6アンダー単独6位に急浮上した。

 前週のSMBCシンガポールオープンで2位タイに入った小平智も3バーディ、1ボギーでまとめ、今平周吾、星野陸也、武藤俊憲と並び通算4アンダー13位タイで2日目を終えている。

 石川遼は4バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの2オーバー73と崩れ、カットラインに1打及ばず、通算1オーバー67位タイで予選落ちを喫した。

(写真提供:JGTO)

※宮里優作選手のスコアが誤っていたため修正いたしました。お詫び申し上げます。(1/27 AM1:00)

関連番組

2018 レオパレス21 ミャンマーオープン
1月25日(木)~1月28日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。