ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹が3連覇を狙う 16番パー3はまさにフェス

2018年1月31日(水)午前10:44

2017-18 ウェイストマネージメント フェニックスオープン
 米男子ツアーのウェイストマネージメント フェニックスオープンが現地時間2月1日、アリゾナ州のTPCスコッツデールを舞台に開幕する。

 名物ホールは16番パー3で、360度にギャラリースタンドがそびえ、収容人数は約2万人。選手は多くの声援を受けながらティーショットを放つという普段ではあり得ない雰囲気を味わうことができる。良ければ喝采、悪ければブーイングが起きる。

 最も注目を集めているのは大会3連覇を狙う松山英樹。2016年はリッキー・ファウラー(米)、2017年はウェブ・シンプソン(米)をプレーオフで下し、連覇を果たした。前週のファーマーズインシュランスオープンではラウンド毎に調子を上げ、12位タイで終えた。松山の庭と言っても過言ではないTPCスコッツデールでの戦いに期待がかかる。

 大会3勝のフィル・ミケルソン(米)は29回目の出場。地元のアリゾナ州立大学出身ということもあり応援も相当なもの。また、同大学出身で世界ランク2位のジョン・ラーム(スペイン)にも注目。16番では大学のユニフォームを着用してショットを打ったこともあった。

 ジャスティン・トーマス(米)は2週ぶりの参戦。今季はすでザ・CJカップ at ナインブリッジで1勝を挙げている。また、今季2勝のパットン・キザイア(米)、ジョーダン・スピース(米)、パトリック・リード(米)、ザンダー・ショフレ(米)も大会を盛り上げる。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2017-18 ウェイストマネージメント フェニックスオープン
2月1日(木)~2月4日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。