ニュース・コラム

PGAツアー

元世界ランク1位のA.スコット 2010年3月ぶりにTOP50外

2018年2月13日(火)午後3:42

 2014年に世界No.1に輝いたアダム・スコット(豪)だが、最新の世界ランキングでは51位と、2010年3月ぶりにTOP50から転落した。

 先週のAT&Tペブルビーチ・プロアマで予選落を喫し、8ランクダウンの世界51位に後退。直近でTOP10フィニッシュを決めたのは去年6月のフェデックス・セントジュード・クラシック(10位タイ)で、TOP5フィニッシュは2016年のオーストラリアンPGA選手権(単独3位)まで遡らないといけない。

 今週のジェネシス・オープン(カリフォニア、リビエラCC)に出場するスコット。同大会終了時点の世界ランキングで再びTOP50に返り咲ければ、WGC-メキシコ選手権(現地時間3月1日/メキシコ、クラブデゴルフ・チャペルテペック)に出場できる。

 全米オープン(現地時間6月14日/ニューヨーク、シネコックヒルズGC)の出場権も獲得していないスコットだが、2013年のマスターズを制した時のような姿を再び見せて欲しい。

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。