ニュース・コラム

PGAツアー

J.トーマスがプレーオフを制して今季2勝目 タイガーは12位

2018年2月26日(月)午前8:43

2017-18 ザ・ホンダクラシック
 米男子ツアーのザ・ホンダクラシックが現地時間25日、フロリダ州のPGAナショナルを舞台に最終ラウンドを終了。ジャスティン・トーマス(米)がルーク・リスト(米)とのプレーオフを制して優勝を飾った。

 前日に2位タイに浮上したトーマスはこの日、18番でバーディを奪うなど2アンダー68でラウンド。一方のリストも同じく上りホールでスコアを伸ばして「69」をマーク。最終日最終組で回った両選手は通算8アンダーで並び、勝負の行方は今季7度目のプレーオフへ。プレーオフ1ホール目でトーマスがバーディを奪い、勝負は決着。昨年10月のザ・CJカップ at ナイン・ブリッジス以来となる今季2勝目を挙げている。

 2位にプレーオフで敗れたリスト、通算7アンダー単独3位にアレクサンダー・ノレン(スウェーデン)。通算6アンダー単独4位にトミー・フリートウッド(英)、通算4アンダー5位タイにアン・ビョンホン(韓)とウェブ・シンプソン(米)が続く。

 前日11位タイに順位を上げたタイガー・ウッズ(米)は、一時3アンダーとするも、15番からの2ホールで3つスコアを落とすなど「70」でラウンドし、通算イーブンパー単独12位で大会を終えた。

 その他、アダム・スコット(豪)が通算1オーバー13位タイ、セルヒオ・ガルシア(スペイン)は通算5オーバー33位タイ。苦戦の続くローリー・マキロイ(北アイルランド)が通算9オーバー59位タイとなっている。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2017-18 ザ・ホンダクラシック
2月22日(木)~2月25日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。