ニュース・コラム

国内女子

完全Vの鈴木愛、2位葭葉ルミの強さとは 山崎千佳代プロ解説

2018年4月9日(月)午後0:54

2018 スタジオアリス女子オープン
 鈴木愛の完全優勝で幕を閉じた国内女子ツアーのスタジオアリス女子オープン。山崎千佳代プロが今大会を振り返った。
 

 まず大会初日は雨と強風でサスペンデッドになり、次の日にまたがる厳しいコンディションの中でのプレーになりました。その中で、第1ラウンドを5アンダーで回った鈴木愛選手、葭葉ルミ選手が結果1位、2位と初日の貯金はすごく大きかったですね。

 そして優勝した鈴木選手は3日間を通じて、風が吹いた難しいコンディションの中で3日間でボギーが2つと本当に危なげなかった印象です。

 それと合わせてあの風の中でドライバーショットは3日間当たっていましたし、アプローチでは色々な球筋を上手くコントロールして、そして得意のパッティングと、全てのショットが完璧に操れていたと思います。

 特にドライバーは強風の中でもしっかり強いボールでフェアウェイをとらえていました。120ヤード前後に入ったショットでは本当に縦の距離がピンハイまで綺麗に揃っていたので、周りの選手がダボ、トリプルを叩いてる中で、そういったところが全く無く、更に風が強くなった後半の16番で、バンカーからのスーパーアプローチを決めるなど、本当にリズムよく大会を乗りきれた完璧なゴルフでした。

 やはり1つ1つの技術がしっかりしていて、目標設定も明確で、徹したプレーが出来ていたのも優勝の要因になっていると思います。

 そして2位になった葭葉ルミ選手は展開的に鈴木選手と一番近い距離にいて、3位以下の選手ともストローク数が開いていて、加えてドライバーも全ホールで使えていなかったので、葭葉選手にとっては回りにくかった印象を受けました。ただ我慢のゴルフが出来た経験は次の試合に間違いなく繋がってくるでしょうね。

 開幕戦からの鈴木選手は賞金女王らしいプレーが続いていますし、正直少しレベルが抜けているので、海外組の強い選手が優勝している中で鈴木選手は日本のエースと言っていいんじゃないでしょうか。

 また若手選手もそれぞれ活躍してはいるんですけど、鈴木選手のプレーと比べるとまだまだ差は大きいので、本当におごる事なくどんどん努力して、実績のある上手な選手のプレーを見て吸収しながら、1つでも2つでも上を目指して行って欲しいです。そうすれば初優勝などの結果もついてくると思います。

関連番組

2018 スタジオアリス女子オープン
4月6日(金)~4月8日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。