ニュース・コラム

国内女子

ともに日本女子オープンタイトルホルダーの実力者 テレサ・ルーと宮里美香がマッチプレーで真剣勝負

2018年6月6日(水)午後1:13

ゴルフ真剣勝負 the MATCH ~テレサ・ルーvs宮里美香~
 毎月プロ同士の9ホールマッチプレー対決を120分にわたって放送するゴルフネットワークの人気番組「ゴルフ真剣勝負 the MATCH」。6月放送は、ツアー通算16勝、昨年賞金ランキング3位のテレサ・ルーと、海外1勝・国内メジャー2勝の宮里美香の日本女子オープンタイトルホルダー同士となる実力派女子プロ対決が実現。茨城県・取手国際カントリー倶楽部 東コースにてその収録が行われました。
 
ツアー通算16勝の実力者は意外にもテレビ番組初登場!テレサ・ルー
 本名は盧暁晴(Lu Hsiao-ching)。2006年の米国女子ツアー参戦時に、登録名をアメリカ人が発音しやすい「テレサ・ルー」に。11歳でゴルフをはじめ、2009年のQT通過で国内女子ツアーに参戦。翌10年は米ツアーと掛け持ちで出場したが、11年から国内ツアーに専念。大舞台に強く、メジャーはすでに3冠を達成。LPGAツアー初の4冠へ残すはワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップのみ。日本女子オープンは、2014年に制覇しています。チャリティーにも熱心で、障害者施設や児童施設などへの寄付を続けており、マザー“テレサ”のようとも。趣味は絵を描くこととガーデニング。プライベートでは昨年結婚し、今回のマッチのキャディーはその夫が務めます。


 
日本女子オープンで2勝、今季は男子ツアー出場でも話題に・宮里美香
 宮里美香は、7歳でゴルフを始め、ジュニア時代からその才能が開花。数々のアマチュアタイトルを総なめにし、2004年に史上最年少の14歳8ヶ月で日本女子アマチュアゴルフ選手権を制します。2008年12月、米国女子ツアーのQTを12位で突破し、日本の女子プロゴルファーとして初めて国内ツアーを経由せず米国女子ツアーでプロ転向。世界最高峰の舞台で戦い続け、2012年にセーフウェイクラシックで悲願の初優勝を遂げます。国内ツアーでは、日本女子オープンで2010年、2013年と2勝。昨季米国女子ツアーのシード権を落とし今年は限られた試合での出場となりますが、今季は国内男子AbemaTVツアー「i Golf Shaper Challenge in 筑紫ヶ丘」に推薦出場、男子ツアーのセッティングのなか、初日「71」の1アンダー26位Tの結果を残すなど、実力を見せました。


 
宮里美香の男子ツアー挑戦「テレサなら大丈夫。私より20ヤードくらい前だから」テレサ「そんなに飛ばないよ!(笑)」
 意外にもツアー中継以外でテレビにでるのは初めてというテレサ。撮影の合間やトークコーナーでは、プレー中の「クールビューティー」なイメージとは違った、とても明るく笑顔が絶えない彼女の一面がみられます。

 二人のトークコーナーでは、テレサも「凄く聞きたかった」という宮里の男子ツアー参戦について。「絶対に届かないミドルホールがあったり距離が長かったけど、本当に面白かった。もう1回チャレンジしたい」と新たな挑戦に刺激をうけた様子。さらに「テレサなら大丈夫。私より20ヤードくらい前だから」と話を向けると、「そんなに飛ばないよ!(笑)」といいつつ、テレサもいつか出てみたいと意欲を見せていました。

 9ホールのマッチプレーは、トークの和やかムードは一変、互いにバーディを取り合う番組史上に残る激しい展開に。勝負の行方は果たして?このほか番組では、ラウンジトークやワンポイントレッスン、キャディバックの中身を紹介するコーナーなど、普段のゴルフ中継ではみることができない二人の人柄と魅力を紹介します。「ゴルフ真剣勝負 the MATCH テレサ・ルーvs宮里美香」は、6/6(水)午後9時より初回放送です(再放送・見逃し配信あり)。

関連番組

ゴルフ真剣勝負 the MATCH ~テレサ・ルーvs宮里美香~

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。