ニュース・コラム

国内ツアー

キム・セイヨン、ギネスに1打及ばずも通算31アンダーで圧勝 畑岡29位、上原47位

2018年7月9日(月)午前10:37

 米女子ツアーのソーンベリー・クリークLPGAクラシック(現地時間8日/ウィスコンシン州、ソーンベリークリーク)最終ラウンドが終了。キム・セイヨン(韓)が7バーディ、ノーボギーの「65」で回り、通算31アンダーでツアー通算7勝目を手にした。

 2009年3月にチャプチャイ・ニラト(タイ)が、アジアンツアーのセイルオープン(インド クラシック・ゴルフ・リゾート)で記録した通算32アンダーのギネス記録にはあと1打及ばなかったが、圧巻のプレーでキム・セイヨンは去年5月以来の勝利をつかんだ。

 通算22アンダー単独2位にカルロタ・シガンダ(スペイン)、通算20アンダー3位タイにアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)、エマ・タリー(米)、エイミー・ヤン(韓)が続く。

 畑岡奈紗は7バーディを奪ったが、17番パー3で「7」を叩くなど1アンダー71のラウンド。通算13アンダー29位タイとなった。上原彩子は5バーディ、2ボギーの「69」で回り、通算10アンダー47位で大会を終えている。

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。