ニュース・コラム

国内女子

有村智恵が逆転で6年ぶりツアーV 青木瀬令奈、沖せいらが2打差2位タイ

2018年7月15日(日)午後5:36

2018 サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント
この記事のキーワード
 国内女子ツアーのサマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント(15日/茨城県 イーグルポイントゴルフクラブ)最終ラウンドが終了。有村智恵が6年ぶりに優勝を果たした。

 2打差8位タイからスタートした有村は前半で4つスコアを伸ばすなど、トータル6バーディ、ノーボギーの66で回り、通算13アンダーで、2012年の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」以来のツアー通算14勝目を手にしている。

 通算11アンダー2位タイに青木瀬令奈、沖せいら、通算10アンダー単独4位に小祝さくら、通算9アンダー5位タイに申ジエ(韓)、フェービー・ヤオ(台)、野澤真央、通算8アンダー8位タイに川岸史果、永井花奈、カリス・デイビッドソン(豪)、黄アルム(韓)が続く。

 賞金ランク3位の比嘉真美子、日本ツアー初参戦のキム・ジヒョン2(韓)は通算7アンダー12位タイ、サマンサタバサとウェア契約を結ぶ勝みなみ、松田鈴英、諸見里しのぶ、昨季覇者キム・ヘリム(韓)は通算5アンダー23位タイ、渡邉彩香は通算イーブンパー46位タイで大会を終えた。

(写真提供:Getty Images)
 

関連番組

2018 サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント
7月13日(金)~7月15日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。