ニュース・コラム

レッスン

宮里聖志「絶対にボールを上げようとしないことが大切」 アゴの高いバンカーショット②

2018年8月3日(金)午後1:00

ゴルフ真剣勝負 the MATCH ~高山忠洋vs宮里聖志~
この記事のキーワード
 アゴの高いバンカーショットでは、普段よりもボールを高く上げなくてはいけません。しかし、だからといって特別な打ち方をする必要はありません。むしろ、基本通りのショットをすれば、多少アゴが高めでもボールがアゴにぶつかることはないと思っていいでしょう。

 さて、その打ち方の基本ですが、まずフェースを開くこと。そして、左足体重で構えること。左足体重に関しては、最初からインパクトでの体重配分にしておき、スイング中、体重移動をしないことも重要なポイントになってきます。

 左足体重にした分、ボールの位置も左足寄りに。左足体重でボールを右に置くと違和感を覚えるので、これは自然とできるはずです。

 次に重要になってくるのがグリップの位置です。通常のショットでは、手元をボールより前に置く、ハンドファースト気味に構えている人が多いと思いますが(写真①)、バンカーショットでは手元を中に入れる、いわゆる“ハンドイン”(同②)で構えます。
 

写真①
 
同②

 その理由は、フェースを開いた状態でハンドファーストで構えるとフェースがさらに右を向くため、スイングの際、ヘッドが遅れてくることになるからです。

 そうならないためにも、体の正面に手元を置くようにしてください。これでアドレスは完了です。あとは、自分のスイングを信じて、思いっ切りダフればいいのです(同③)。
 

同③

 特にここで注意したいのは、力を抜いてしまうこと。砂を叩いている限り、どんなに大きなスイングをしてもボールが大きく飛んでしまうことはありません。ボールを上げるためにも、しっかり振り抜くことが大事です。

 最後にもう一つ。当たり前のことですが、絶対にボールを上げようとしないことが大切です。体重移動を禁止しているので、すでにボールを上げるような動きはできないはずですが、それでもついつい体が動いてしまうという人がいます。「ボールは上げない」。それくらいのつもりで臨んでください。

【関連】ZAKZAK by 夕刊フジ(夕刊フジ 2018/7/26発売号より転載)

関連番組

ゴルフ真剣勝負 the MATCH ~高山忠洋vs宮里聖志~

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。