ニュース・コラム

国内女子

勝負は練習場から!気迫で小樽を攻略した永久シード間近のアン・ソンジュ

2018年8月27日(月)午前11:34

ぎゅっと週刊国内ツアー
この記事のキーワード
 国内女子ツアーのニトリレディスゴルフトーナメント(北海道 小樽カントリー倶楽部)は、アン・ソンジュ(韓)の優勝で幕を閉じた。ツアー通算6勝の茂木宏美プロが 、CS放送「ゴルフネットワーク」で放送中「週刊ぎゅっと国内ツアー(毎週月曜日11時初回放送)」のなかで同大会を振り返る。



 小樽カントリー倶楽部は、ティーショットからホールアウトまで気を抜けません。他のコースはフェアウェイに打っておけば問題ないですが、小樽はフェアウェイの右、フェアウェイ左の三分の一とグリーンを狙うような正確なドライバーショットが必要です。

 優勝したアン・ソンジュ選手は、練習場での気迫がすごかったです。あの集中力がないと小樽には立ち向かえません。攻め方も素晴らしく、15番から18番は難しいのでアウトコースでバーディを多く獲って伸ばすという意識が練習場の時から伝わってきました。

 また、12番、15番とバンカーに捕まりましたが、そこからのパーセーブが素晴らしかったです。簡単にボギーを打たない、小技の上手さが優勝をぐっと引き寄せたと思います。

 森田遥選手はアプローチ、三ヶ島かな選手はパターとショット力があります。しかし、小樽では気持ちや気象状況によって思うようなゴルフができない場面が訪れます。そういう時に小技でしのいでメンタルで我慢するのが大切です。アン選手を見て、状態を整えないといけないと感じたと思います。

 それでも4日間を戦い抜いたので、先週よりも一回り、二回りも成長しているので、来週以降に期待しています。メジャーも近づいてくるので、この経験が活きてくると思います。

関連番組

ぎゅっと週刊国内ツアー

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。