ニュース・コラム

PGAツアー

松山は午前0時30分に発進! 同時刻裏からはウッズら注目組も

2018年9月6日(木)午後8:31

 いよいよ今晩プレーオフシリーズ第3戦 BMW選手権が開幕する。最終戦のチケット争いなど注目度の高い同大会を前に改めて、初日のペアリングを確認しておきたい。

 現在ランク28位。最終戦進出には今大会24位がひとつの基準となってきそうな松山英樹は、エミリアーノ・グリーヨ(アルゼンチン)、ゲーリー・ウッドランド(米)とのペアリング。初日は日本時間(以下同)7日午前0時30分に1番ティからスタートを切る。

 同時刻裏ではタイガー・ウッズ(米)、ジョーダン・スピース(米)、リッキー・ファウラー(米)のフィーチャードグループが発進。全米が注目する組み合わせだが、この3人にしても最終戦出場確定ではなく、スリリングなラウンドが繰り広げられそうだ。

 プレーオフシリーズ連勝で波に乗るブライソン・デシャンボー(米)は、世界ランキングNo.1のダスティン・ジョンソン(米)、ジャスティン・ローズ(英)とともに7日午前0時41分にインコースからスタート。ちなみにこの3人がいま現在のフェデックスポイントランキングトップ3で、今週のパワーランキング(優勝予想)のトップ3でもある。

 また松山やウッズ組と同様、まだ最終戦出場のボーダーに届いていない選手たちはこの大一番に並々ならぬ意気込みで挑んでくるだろう。中でもかつてのフェデックス王者勢では、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)がライアン・パーマー(米)、ザック・ジョンソン(米)とともに7日午前1時3分に10番から、ブラント・スネデカー(米)はパン・チェンツン(台)、チェズ・リアビ(米)と7日午前1時36分に1番からコースイン。

 ローリー・マキロイ(北アイルランド)は昨年大会Vのマーク・リーシュマン(豪)、ケビン・ナ(米)と同組で、7日午前1時47分にインから勝負のラウンドを開始する。

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。