ニュース・コラム

国内ツアー

「65」のアマ桂川有人が単独首位に浮上 A.スコットは39位に後退

2018年10月12日(金)午後6:32

2018 日本オープンゴルフ選手権競技
 国内男子ツアーのメジャー第3戦 日本オープンゴルフ選手権競技(12日/神奈川県/横浜カントリー倶楽部)第2ラウンドが終了。アマチュアの桂川有人(日本大学2年)が「65」を叩き出し、通算8アンダー単独首位に浮上した。

 スコアを1つ落として迎えた12番から連続バーディ、14番イーグル、15番から3連続バーディとトータル1イーグル、6バーディ、2ボギーと一気にリーダーボードの最上段に名を連ねた。

 通算7アンダー2位タイに藤田寛之、日高将史、稲森佑貴、梁津萬(中)、通算6アンダー単独6位にデビッド・オー(米)、通算5アンダー7位タイに武藤俊憲、嘉数光倫、鍋谷太一、崔虎星(韓)が続く。

 藤本佳則、ブレンダン・ジョーンズ(豪)は通算4アンダー11位タイ、賞金ランク1位の今平周吾、谷口徹、片山晋呉、重永亜斗夢は通算3アンダー16位タイ、片岡大育は通算2アンダー26位タイ、シニアツアー賞金ランク1位のプラヤド・マークセン(タイ)は通算1アンダー33位タイで週末を迎える。

 元世界ランク1位でマスターズ覇者のアダム・スコット(豪)は1イーグル、1バーディ、5ボギー、1ダブルボギーの4オーバー「75」で通算イーブンパー39位タイ。石川遼は通算1オーバー46位タイでそれぞれ順位を落とした。

 星野陸也は通算4オーバー74位タイ、秋吉翔太は通算5オーバー78位タイ、宮里優作は通算9オーバー107位タイ、昨季覇者の池田勇太は通算11オーバー113位タイで予選落ちとなっている。

(写真提供:JGA)

関連番組

2018 日本オープンゴルフ選手権競技
10月11日(木)~10月14日(日)

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。