ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹は通算2アンダー21位に浮上 トニー・フィナウが単独首位

2018年10月26日(金)午後5:53

2018-19 WGC-HSBCチャンピオンズ
 世界ゴルフ選手権(WGC)シリーズのWGC-HSBCチャンピオンズ(26日/中国/シャーシャン インターナショナルGC/7,261ヤード・パー72)第2ラウンドが終了。トニー・フィナウ(米)が5アンダー67でプレーし、通算11アンダー単独首位に浮上した。

 通算8アンダー2位タイにパトリック・リード(米)、ジャスティン・ローズ(英)、トミー・フリートウッド(英)、通算7アンダー単独5位にザンダー・ショフレ(米)が続く。

 松山英樹は全てのロングホールでバーディを奪うなど5バーディ、3ボギーの「70」で回り、通算2アンダー21位タイに順位を上げた。

 一方、小平智は「73」の通算1オーバー35位タイ、池田勇太は「74」の通算5オーバー58位タイ、稲森佑貴は「82」の通算12オーバー76位とスコアを落としている。

 ジェイソン・デイ(豪)は通算3アンダー16位タイ、アダム・スコット(豪)は通算2アンダー21位タイ、ブルックス・ケプカ(米)は通算1オーバー35位タイ、ダスティン・ジョンソン(米)は通算3オーバー46位タイ、ローリー・マキロイ(北アイルランド)は通算5オーバー58位タイで2日目を終えた。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2018-19 WGC-HSBCチャンピオンズ
10月25日(木)~10月28日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。