ニュース・コラム

アマチュア競技・イベント

Bridgestone Golf TOUR B ドリームフェスタ 2018に宮里藍ら契約プロ29名が集結!ファンと交流

2018年12月10日(月)午後0:21

 ブリヂストンスポーツ株式会社は6日、千葉県の市原ゴルフクラブ市原コースにて毎年恒例となっている年に一度のイベント「Bridgestone Golf TOUR B ドリームフェスタ 2018」を開催した。

 今年で4回目の開催となる同イベントには、昨年現役を引退した宮里藍プロ、大人気の“セクシークイーン”ことアン・シネプロ、今季ルーキーながら10度のトップ10入りを果たした松田鈴英プロなど同社の契約プロ29名が集結。総勢132名のファンとハーフラウンドやレッスンイベント、懇親パーティなどで交流を深めた。


ニアピン対決に参戦した宮里藍プロ。現役時代さながらのショットを見せた

 クラブを握るのは「1か月半ぶり」と明かした宮里藍は、ショートホールでのニアピン対決に参戦。「ウォーミングアップで少し手こずりましたが、15球くらい打ったらタイミングあったので、何とか間に合って良かった」と笑いながらも、現役時代さながらのショットを見せ、共にプレーしたファンからは「さすが!」という声も上がった。

 また、イベント中はプロとファンがプレーをしながら記念撮影をしたり、ボールなどにサインを貰ったりと身近にコミュニケーションを取っていた。当日はあいにくの雨模様だったものの、普段はあまり話すことが出来ないプロとの交流に参加したファンのテンションは終始高まるばかりだった。


今季ルーキーながらツアーで活躍した松田鈴英プロもファンとの交流を楽しんだ

 ラウンド終了後には懇親パーティも開催された。パーティ中に行われたトークショーでは、宮本勝昌プロと宮里聖志プロが昨年に続いて司会を担当。アン・シネプロが日本で起こった仰天エピソードを披露するなど、大盛り上がりを見せた。

 パーティの最後には、こちらも恒例となっている参加プロが提供するプレゼントグッズの大抽選会が行われた。「BS」マークのサイン入りキャップや傘、さらには本人と同じモデルのキャディバッグなどが当たった参加者は大喜びでプロから少し早めのクリスマスプレゼントを受け取っていた。


宮本勝昌プロと宮里聖志プロが司会を務めたトークショーは大盛り上がり

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。