ニュース・コラム

メジャー・対抗戦

最終ホールまで縺れた接戦を制した市原弘大&福田真未ペア アマタフレンドシップカップ2日目インタビュー

2018年12月22日(土)午後10:00

アマタフレンドシップカップ
 日本選抜とタイ選抜の対抗戦 アマタフレンドシップカップが現地時間22日、タイのアマタスプリングスを舞台に第2ラウンドが終了。日本は6ポイントで(勝利:1ポイント、引き分け:0.5ポイント)タイに4ポイントリードを許し、最終日を迎える。1UPで勝利した市原弘大&福田真未がインタビューに答えた。

―今日のラウンドを振り返って
 
市原 前半は昨日の疲れもあってピリッとしませんでしたが、福田選手が良いバーディを決めたりと頑張ってくれたので、途中逆転されて劣勢になりましたが、そこからお互い助け合いながら、チームプレーならではのプレーになったと思います。

福田 交互に打つ試合しかしてこなかったので、今回のびのびと思い切って前半からいけました。後半は市原選手に大事なパットを決めてもらったりと流れを切らすことなく最後までいけました。チームワーク良くラウンドが出来ました。

―勝利でチームに貢献できたことについて

市原 昨日から3試合目で引き分けはありましたけど、まだ勝てていなったので、しかも3ラウンドとも最終ホールまで縺れる展開になっていたので、どうしても勝ちたかったです。

福田 昨日からずっと負けていたので、絶対に勝ちたいと思いながらプレーしていました。オールスクエアと1UPでは全然違うので嬉しかったです。

―18番の市原選手のティーショットについて

市原 木の上に乗ってしまったようです。しっかりゲームを作りたかったので、左の池を気にしたあまり、右に行ってしまいました。最後は神様、仏様、福田様ですよ。

福田 逆に17番難しいホールでパーを取ってもらっていたので、最後気持ちが燃えている状態だったのでセカンドショットも全然緊張することなく思い切って打つことが出来ました。

―18番は日本チームがグリーンサイドで見守る中のプレーだった

市原 いやあ・・・また涙が出てきちゃったよ(市原はマッチ終了後、涙ぐむ姿をみせた)。最後あの場面で勝てたことは本当に嬉しかったですし、自分は最後何も出来なかったですけど、この勝利で明日のシングルス戦に勢いがついてくれれば良いと思います。

福田 凄く明日が楽しみですし、接戦をものに出来たことで自信にもなりましたし、明日のシングルス戦も頑張ります。

―明日への意気込みを

市原 今日の前半バタついた感じもありましたけど、後半少し勝負どころではしっかり打てていたので、最終ラウンドなので持っている力全て出し尽くしたいと思います。

福田 ようやくピンに向かって打てたので、思いっきり打ってバーディを沢山取っていきたいと思います。

関連番組

アマタフレンドシップカップ

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。