ニュース・コラム

PGAツアー

本間のクラブで初V ローズ「クラブを変える決断をして良かった」

2019年1月28日(月)午後0:07

 今年から本間ゴルフと用具契約を結んだ世界ランク1位のジャスティン・ローズ(英)がファーマーズ・インシュランス・オープンを制し、米男子ツアー通算10勝目を挙げた。

 4打差リードの単独首位で最終日をスタートしたローズだったが、序盤は5ホールを終えて2オーバーと悪い流れ。しかし、このままズルズル行かないのがローズだ。7番、9番でバーディを奪うと、後半は3バーディ、ノーボギーと流石のプレー。終わってみればしっかりとリードを守り優勝を果たした。

 ラウンド後のインタビューでローズは「もっと向上するように試している中だが、クラブを変える決断をして良かった」と新クラブに手ごたえを感じている。

 また、この4日間はレギュラーキャディのマーク・フルチャー氏ではなく、他のキャディを採用。理由はフルチャー氏が心臓の手術をするためだった。ローズは「マークのための勝利。心臓の手術より試合を見ている方が辛かったと思うけど、早く会おう!」と伝えた。

関連番組

2018-19 ファーマーズインシュランスオープン
1月24日(木)~1月27日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。